情報共有コミュニティ

ENJやXEM・XTZなどバイナンスUSに上場!で期待高まる

こんにちは、アオムーです。

バイナンス。結局2019年はトータルで見てもバイナンスの年だったし、来年以降もやっぱり取引所ビジネスが中心に仮想通貨(暗号資産)の世界は動いていくだろうし、

そうなるとバイナンスUS(アメリカのバイナンス)に上場する銘柄は非常に大事です。

BAT(Braveのトークン)なんかも、コインベースなどに上場してたり、やっぱりアメリカで全面的にではないにしろ取り扱いがあるトークンは強いのではないか。と思っております。LINKもそうです。

2020年注目の仮想通貨がバイナンスUSに上場

来年以降注目しているトークンなんかも続々BinanceUSに上場していきます。

まずはUSのツイート。

からの、仮想通貨新規上場リスト。

REN、IOST、XTZ、ENJやXEM(カタパルトも対応するのでしょうか)などなど、

すでに上場しています。

https://www.binance.us/en/markets

アメリカの取引所に上場してるアルトは要注目

アメリカの取引所で注目しておきたいのは、

コインベース系と、バイナンスUSです。

インサイダーが露骨に行われないように、(いや、おこなわれてるから)

事前にどのアルトコインが上場するか発表されてだいたい発表された仮想通貨はそのまま順当に上場します。

XTZ強いですね。

2020年はSTO(デジタル証券ってワードが来るんじゃないか予想)がやっぱり話題になると思うのでXTZは注目しといて良いと思います。

あとENJ。ENG(エニグマ)じゃなくて、ENJ(エンジン)。

6 Cryptocurrencies To Buy For 2020 And Beyond

最近良く名前聞くアルトコイン。

ゲーム系のプロジェクトみたいです。

ゲームは必ずくると思うんですけど、すでに出てる中から抜群のやつが出現するのかそれともまだ出てきてないのか。

分散化されたプラットフォームの中で、レディ・プレイヤーワンみたいな世界、

(VR、ゲーム、ブロックチェーン)がそのうち、まだ時間はかかるかもですが出てくると思います。

ENJもそのようなプロジェクトだと面白いけど。どうなんだろ。

アルトコインを2020年も追っていく

アルトコイン、草コイン、トークン。

ここらへん。非常に肩身の狭い2019年でした。

まあ、ほぼダメでしたね。

BNBくらいか。あとは、うーむ。XTZが非常に成績がよかったのと、2019年年末に上位20位くらいにいるアルトは成績わりとよかった気がする。

エニグマで今100位よりちょっと上くらいだもんなぁ。

Enigmaは、来年メインネットだから伸びてくるとは思うんですけどね。

来年もトークン追いつつ、あとはデジタル証券ってワードで攻めて行きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください