副業としての仮想通貨

仮想通貨XEMは今後上昇するの?NEMカタパルトで加速する経済圏に期待

こんにちんは、アオムーです。

最近NEM界隈の話題がとても活発です。

「カタパルト」言葉の意味とかよくわかってないです。

イーサリアムのアップデートもとても複雑ですが、NEMのアップデートもよくわかりません。

この記事では、XEMトークン(NEMの場合はモザイクって言い方?アセットでいいか)、NEMブロックチェーンでアセットとして利用されるXEMへの影響に絞って話ます。

2019活発に開発が進んでいるNEM

https://nem.io/xem/getting-started-on-nem/

正直しっかり追えてなかったNEM。

いろいろ記事を読んだりしまして、「NEM2.0」なんて言葉も目にします。

イーサリアムも2.0って表現される動きの真っ只中でその1つとしてPoSへの移行だったりもします。そしてそのアップデートごとにいろいろ名前が付いているわけですが。

NEMもアップデートごとに名前が付いていたりします。コードネーム的な。ドラゴンとか。

NEMの情報が欲しい場合はNEM財団のアップデートをみる

https://forum.nem.io/c/announcement/nem-foundation-updates

NEM財団アップデートのページ

NEMフォーラムサイトなのですが、NEM財団の更新履歴を見ることができたりします。毎月一回情報をアップデートしてくれていて、

しかも日本語の資料もあります。

だいたいここのテキストベースに記事が作られているのでここをみてお勉強しましょう。

NEMブロックチェーンのバージョンアップ「カタパルト」

NEM.io財団によるカタパルトのロードマップと展望


NEMの次世代コアエンジンがカタパルトです。数あるブロックチェーンの中でも、あらゆるビジネスデータを取り扱える実用性とセキュリティを備えた最も使い勝手の良いブロックチェーンになります。

https://docs.google.com/document/d/1Ws82lY3iGiiOHRuTEfMKevqQ-Js0yCUpcItwVR9_Xlg/edit

コアエンジン自体が新しくなるのがカタパルト。

ある意味全く新しく、NEMブロックチェーンを一から作り直している印象です。

で、結局何がどうなるとか話が多岐にわたり、こまかくできることがたくさん出てきています。

カタパルトでNEMはどうなる?

本当い細かくたくさんのことが変わります。

調べてぐったりです。

ただ、的確に表現しているであろう文言を見つけたので引用させていただきますと、

カタパルトはオープンソースとして開発さて、証券取引、リテール販売、金融サービス、サプライチェーン、投票、公証、カスタマー履歴、暗号通貨などのセキュリティに長けたビジネスソリューションになります。

https://docs.google.com/document/d/1Ws82lY3iGiiOHRuTEfMKevqQ-Js0yCUpcItwVR9_Xlg/edit

NEM.io財団によるカタパルトのロードマップと展望(ロードマップをみると全体の流れがしっかり書いてあるのでぜひご一読)

「オープンソースとして開発され。」ってところで、NEMがもともとクローズドコード部分が存在している話にさかのぼるのだと思われます。

NEMユーザーインタビューを行いました。NEMによくある批判の検証、将来性について。

他の言葉を拾うと、ここからNEMカタパルト上で様々なユースケースが爆発的に増えるんだ。っていう宣言になっております。

カタパルトでNEMブロックチェーンがビジネスでとても使いやすくなる

https://docs.google.com/document/d/1Ws82lY3iGiiOHRuTEfMKevqQ-Js0yCUpcItwVR9_Xlg/edit

アプローチや思想など、違いはたくさんあるのでしょうが、実利用に耐えうるブロックチェーンに、しかも簡単にビジネスの世界で利用できるようになると。

それは、現在のイーサリアムがそうであるように、様々なアプリケーションやビジネスソリューションがNEM上に出来上がっていくということだと思います。

サリアムがそうであるように、様々なアプリケーションやビジネスソリューションがNEM上に出来上がっていくということだと思います。

仮想通貨XEMに好影響を与えそうな部分

NEMで何ができるようになるかは、もうしっかりこの記事の中にあるロードマップを読んでください。ここでは、XEM目線でまとめます。

  • あなただけのデジタルアセットやコインを、クリックを数回行うだけで作成できます。
  • スーパーノード報酬制度について、どのように運用するかの最終決定がされます。
  • 誰でも簡単にトランザクション、アカウント、ブロックチェーン上の履歴、ノード情報やネットワークアクティビティを調べることが出来ます。
  • モバイルウォレットは使いやすさにこだわったUIを通して、誰でもカタパルトでモザイクの送受信を出来るようになります。
  • この機能はコンプライアンスを遵守しながら、STOトークンの作成を簡便にします。またSTOの導入が容易になるようサポートします。
  • NEMのウォレットやアプリは、クロスチェーン・スワップをサポートします。

NEM.io財団によるカタパルトのロードマップと展望

「簡単に」「使いやすく」NEMは進化します。

そしてこれから話題の中心になっていくであろう、「クロスチェーン・スワップ」も見据えています。

なのでイメージとしては、現在のイーサリアムみたく外からたくさんの才能とお金が集まってくるようになるのでは。と予想しています。

イーサリアム上でなにかしたい。というのと同じでNEM上でなにかしたい。という大きな流れが出来上がる気がしています。

NEMは少し出遅れた感は否めない

これらのこと(カタパルト)が、実は2018年に実装される予定でした。

ですが、ロードマップで言えば、

カタパルトが稼働するようになるのは、2019年後半です。第3クオーター&4クオーター(7月〜)

性能的な出遅れ。というよりは、ここから企業が集まって、人が集まってくるのか。という所に興味があります。

性能はカタパルトの言葉の如く、驚異的な加速を見せるのではと期待はしています。ただ、人々のポジション、ここからNEMでいくぞという流れが大きくくるかは、少し疑問です。

遂にNEM経済圏をつくる土台が完成しそうカタパルト

まさにカタパルトが実装されれば、経済圏を作るためのジビネスソリューションとして大きく使われるようになる可能性はあります。

使いやすさ、わかりやすさに重きを置いている印象です。カタパルトで加速させることに成功すれば、NEM経済圏が急成長してもおかしくありません。

この記事を書いている段階でXEMは9円

https://coinmarketcap.com/currencies/nem/

ここからどうなるんでしょうかね。2017年はXRPと価格がだいぶ近かったのですが。

日本の仮想通貨取引所だとコインチェックとかで買えます。

NEMブロックチェーン、楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください