副業としての仮想通貨

NEMの新しいCATトークン貰うならZaifで保管しておくのが一番楽2020年2-3月

こんにちは、アオムーです。

いやー、2020年は忙しいですね。

イーサリアムのハードフォークが12月4日で、2020年1月にETH2.0へ動き始めます。

そして、NEMもカタパルトです。

待ちに待ったカタパルト。

で、カタパルトになると新しいトークンCATトークン(きっとカタパルトの「カタ」の部分(=゚ω゚))が発行され、

XEMの保有量によって貰えます。

難しいことしたくない人は、ZAifに置いておく。の一択だと思います今の所。

ZaifがXEM保有量に応じてCAT配布を発表

すでに2019年10月には発表しています。

早い。

さすがもとテックビューロ笑

あれ、今もテックビューロなんだっけ、忘れちゃった。

今はフィスコだ。

NEMのアップデート”Catapult”への対応方針に関して

コインチェックも対応するかもCATトークンに

こっちもXEM保有量に応じてCATを配布すると正式に決まれば、

Zaifか、コインチェックで持ってるとCATが貰えます。

XEMとCATは対立的なハードフォークではないが別物として生まれるイメージ

仲間割れ的なことでもないのですが、

かと言ってCATが生まれるからそのままXEMがなくなるってわけでもありません。

イーサリアムはETH2.0が軌道に乗ったらETH1.0は価値がなくなる予定です。

ただ、XEMはそのまま残る予定ではあります。

となると、建前上といいますか、

XEMもCATも両方価値があることになります。(もちろんCATが上位のバージョンですが)

それって、単純にもらった時点で価値倍じゃん!!

(日本円の価値が倍ってわけではないが)

XEM買ってCAT貰ってすぐ売却勢がいるのでは

ここで、相場動きそうですよね。

なので、一番熱いのが「直前上げ」ではないでしょうか。

直前に、XEM持ってるとCAT貰えるらしいぞ上げ。

で、

貰った瞬間の下げ笑

XEMってショートポジションもてるとこありましたっけ?ないような。

なのでどこで利益を得るかって話だと思うんですよね。

メンテ前に売るかメンテ明けかそれともガチホか

メンテ前の、直前上げで仕込んでおいて売るか、

メンテ明けCAT貰えてXEM売るか(XEMは結構下がると思う)

あとは、

CATの上場吹き上がりがあるかないかですね。

変な話、上がる理由は上場以外には現状ありません。

将来的に上がることはあってもすぐ上がる理由はあまりないので、意図的な吹き上がり。XEM(CAT)復活かー!!的な感じで9.9円くらいまでは上がるんじゃないですかね?

そっから、下落。

平常運転。(将来は きっと上がるよ カタパルト)

で一方でXEMは1円くらいまで下がるのでは?

まあなんとなくです。

今までのハードフォークの流れで言えば

XEM+CATの金額=それまでのXEMの金額

最後メンテ直前が6円だとしたら、5円と1円とか、3円と3円とか。

ここらへんは難しいですね。

CATトークンはすぐに取引開始されるんですかね。そこらへんも知りたいですね。

僕はなんか記念にもらいたいので少しXEM購入しようかなって思ってます。(ブログネタ)

せっかく相場が動きくであろうタイミングなので、

なにか計算して企んでみては?

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください