副業としての仮想通貨

ステーブルコイン$XUSBは証拠金取引の証拠金として採用予定に

こんにちは、アオムーです。

ステーブルコインの勢いが凄いです。ステーブルコインを持っていても、直接儲かるわけではないのですが、

ステーブルコインを活用したエアドロップ、キャッシュバック、割引など。ステーブコインを活用したマネーの囲い込みが本格かしています。

フェイズブックのリブラで大きく流れが変わってきた印象です。

この流れをつかもうと、数多くのステーブルコインが生まれてきています。

情報をキャッチアップし、次の資金の流れトレンドに乗っていきましょう。

そして、この記事では数多く生まれているステーブルコインの中で、「XUSB」を取り上げます。

すでに、取引所の基軸通貨(ステーブルコイン)として採用されたり、取引所で購入することでエアドロップを受け取れたり。

勢力を拡大しようとしていますXUSB。

そして、今度はマージントレードを採用している取引所で、「証拠金」として利用できる。

と、予告アナウンスがでました。今回は証拠金としての採用。について記事にしたいと思います。

XUSBが証拠金として利用できると公式Twitterで予告

このツイートです。

近い将来、XUSBは、証拠金取引を提供する一部の取引所の預金金として採用される予定です。 XUSB残高はUSDの残高とまったく同じように扱われるため、取引所では1XUSB = 1USDを意味します。

https://twitter.com/officialxusb/status/1168544124749766656?s=21

とのことです。

ステーブルコインでのトレードは需要がある

大きく仮想通貨のトレードでは2パターンあって、

  • 法定通貨(ステーブルコイン)と仮想通貨ペア
  • 仮想通貨と仮想通貨ペア

です。よくある証拠金トレードとしては、仮想通貨のペアなのですが、

ステーブルコインとのペアでいいますと、基本USDTです。ほぼ、USDT一択です。

なんといってもシェアの力。

重要なのは取引所に採用されるかされないか

予告ツイートなのでどこの取引所かは、正直わかりませんが、証拠金として利用されるみたいです。

そこの取引所でXUSBを証拠金にしてトレードをする。という、結構大きな需要が生まれます。

ステーブルコインで資金を保有する場合も、ただウォレットに入れて保管することもありますが、

ポジション持つことによってリスクヘッジする場合もあります。証拠金として利用できるのは、バリエーションとして非常に強いです。

ステーブルコインだからこその利用拡大路線

ステーブルコインとして、価値が安定するからこその利用拡大も視野にいれているみたいです。

STO、Dappsなど、サービス利用に利用拡大を、目指しているみたいです。

これ、ユーティリティトークンですよね?

ユーティリティトークンとしてのステーブルコイン

「そのサービスが拡大することによって、トークン価値が上がる。ICOなどで早く参加してもらい、早く参加してくれた人たちの資金で事業を、拡大していく。」

これが今までのユーティリティトークンの流れでした。

なので、トークン価格が上がることが最大の人を惹きつけるポイントであり、皆が失してきた部分です笑

これを現状。ちゃんとサイクル回せているのは仮想通貨取引所&取引所トークン(というかバイナンス)くらいです。

安定させることができればサービスはしやすい

ここの、「トークン価格が上がりますよ」路線から、「価格は安定してますが色んなサービスでお得になりますよ」路線への大きな変更が、

ステーブルコインによって起きていると思います。

ステーブルコイン自体が拡大すれば保有価値は上がっていく

結局。これも金利的な発想で、そのコイン自体が流行れば、

割引、キャッシュバック、エアドロップ」その他様々な恩恵が受けられるわけです。

PayPayの各種キャンペーンみたいなものです。リブラや中国中央銀行が目指すプログラマブルマネーな世界線です。

ただ、懸念点はそんなに簡単にステーブルコインを運営、コントロールできるものなのか。という部分です。

ステーブルコインがそんなに簡単な仕組みだとは思わない

もう。見出しの一言です。

そんな簡単な話だとは思いません笑

ICOのとき、こういう感じでやっていく!って言ってるのをステーブルコインだから。ってだけで信用してはいけません。

とくにこれから、ステーブルコイン系は乱立して、今まで「価格上昇」を売りにしてたトークンが「価格の安定」を売りにしてるようなものです。

「安定」をキーワードに

ステーブルコインを活用してプロジェクトを進めるのであれば、もうキーワードは一つです。

「安定」です。

安定したプロジェクト運営、息の長いプロジェクトになることを願っていますし、そこが売りになってくると思います。

欲がで過ぎて、一歩間違えればただのウォレット系になりかねません。

そうならないように、安定した運営を売りにしたステーブルコインを追いかけましょう。

トレンドはステーブルコイン

この流れは、かなり強いです。

そこを掴んで今動いている、ステーブルコインプロジェクトは、しっかりリサーチしておくのはオススメします。

最後までお読みいただきありがとうごさいました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください