BEXAM最新記事一覧

BEXAMトークンBTCNIAにて5月27日よりIEO/トークンセール中

こんにちは、アオムーです。

2019年5月に行われたBEXAMトークンのIEO(トークンセール)。X-Hive取引所で行われたのですが、次、X-Hiveでおこなれる予定も決まっていて、6月3日からです。

その前に、BTCNIAという多分韓国の取引所でIEOが行われるというアナウンスが出ました。

5月27日からIEO始まっていて、6月9日までです。トークン販売数は500BEXAMです。

BTCNIAにてBEXAMトークンIEO5月27日開始

BEXAM公式ツイッターから発信があった公式ブログ更新情報。

そちらの記事を読んでBTCNIAという取引所でBEXAMトークンIEOが行われていることがわかりました。

https://btcnia.com/ieo/4

BEXAMトークン販売数は500万枚、期間は5月27日から6月9日。2週間ですね。初日で15%くらい売れてますね。

現在2億円相当BEXAMトークンエアドロ開催中

500万BEXAMトークンは販売価格で言いますと、1BEXAM0.12ドル。約6000万円ほどの販売です。

IEO(トークンセール)と平行しまして、BEXAMトークンのエアドロップが開催されています。

エアドロップというのは、トークンの宣伝目的で無料でトークンを配布するキャンペーンみたいなものです。

現在2億円相当のBEXAMトークン配布キャンペーンを行なっております。

X-HiveというBEXAMトークンが上場する取引所にアカウントを作成すると100BEXAMがもらえます。0.12ドルと考えれば12ドル相当のトークンがもらえます。

X-hive取引所のアカウントはパスワードとメールアドレスで登録できるので、やっておくのはオススメです。

X-Hive取引所でのBEXAMトークンIEOは6月3日

X-hiveでのIEOではエアドロップと同じ量のBEXAMトークンが販売される予定です。180万ドル分。

BEXAMプラットフォームの利用拡大が進めばトークンの価値も上がってくる

様々な歩みを平行して進めているBEXAMはハードワーク中です。

GLSシステムを採用し、スピードにこだわったプラットフォームとしビジネスの世界でもすぐに持ち込めるような設計になっているのではないでしょうか。

エアドロップの量が多いのでIEOでの購入は色々考えた方がよいと思いますが、長期的にみて、アーリーワークスなどの技術的な裏付けなど楽しみな部分は多いと思われます。

X-Hiveへの上場は7月の予定

この間までは6月に上場する予定でしたが、7月になりました。だいたい遅れるので1ヶ月くらいはしかたないかもしれません。


そのまま6月予定説もあります笑

オフィシャルのまめな情報更新期待しています。

BTCの上昇相場にうまく乗れると価格の面でも楽しみなところが増えてきます。

取引をするにはデスクトップアプリケーションが必要なので、デスクトップパソコンにアプリをインストールすることをオススメいたします。

ちなみに、X-HiveでのBEXAMトークンIEOに参加するにもデゥクトップ版アプリケーションは必要です。

BTCNIAでのBEXAMトークンIEOまとめ

まさか急に他の取引所でのIEOが出てくると思いませんでしたが、

BTCNIAでやっております。韓国の取引所は日本から参加できない印象が強いですが、X-Hive以外でも取り扱いがある。というのはポジティブな部分だと思います。

100万円も見えてきたBITCOIN。この流れに乗って、IEOも成功させて欲しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください