BEXAM最新記事一覧

BEXAM進捗状況&強み&今後のトークンポジティブサイクル解説

こんにちは、アオムーです。

遂にBEXAMトークンが流通し始めるタイミング&そして、BEXAMプラットフォームが動き出すタイミングがやってきました。

BEXAMの進捗・そして今後のBEXAMプロジェクトの予想を書いていこうと思っています。

BEXAMトークンとは?という方はこちらの記事がオススメです。

2019年5月13日X-Hive取引所にてBEXAMトークン・プレIEOスタート

事業としては動いているのでしょうが、トークン保有者&トークンをこれから保有しようとしている人にとっては、ここがスタートではないでしょうか。

X-Hive取引所にて5月13日プレIEOスタートです。

10パーセントのディスカウントで始まり、そこからIEOに突入です。

X-Hive取引所はBEXAMブロックチェーンプラットフォームを利用した取引所ハイブリッドDEXです。

X-Hive取引所について学ぶ

このタイミングでのIEO。そして、大きく流れが変わっている仮想通貨界隈。

1つ大きな流れとして、今までは圧倒的にパブリックブロックチェーンが強く、それ以外は残らないだろう。それくらいん論調が優勢でした。

しかし今はだいぶ流れが変わって来ました。

ビジネスの世界で、ビジネスとブロックチェーンを繋ぐようなブロックチェーンプラットフォーム&ソリューションが、大きく躍進するのではないかと。

そしてその一翼を担うのではないかと注目を集めているのがBEXAMプラットフォームです。

プラットフォームBEXAMの現状の特徴・強みを再確認

改めてBEXAMブロックチェーンプラットフォームにはどのような特徴&強みがあるのでしょうか。

圧倒的トランザクション処理速度4000万TPS

他のプラットフォームとの差別化でいえば、この部分を触れずにはいられません。非常に高い処理速度を手に入れ、スケーラビリティを獲得しています。

超高速なハイブリッドブロックチェーンとして勝負をするBEXAM

プラットフォームといえば、イーサリアムブロックチェーンと言われる時代が続いています。

イーサリアムを超えるプラットフォームは生まれるのか。

しかしそんなイーサリアムにも弱点はあります。それは、全体的な拡張性・スケーラビリティです。

その部分は上回ろうと多くのプラットフォームが誕生しています。

“プラットフォーム”の競合は実はそこまで多くない

多くのプラットフォームが拡張性&処理速度と分散性、検証性のバランスで苦労している中、BEXAMはセキュリティとスピードに振り切った設計で勝負にでました。

アーリーワークスが開発したGLS(PoR)システムを基盤に超高速処理をセールスポイントにしているBEXAMプラットフォーム。

実は、プラットフォームとして処理速度に特化したプラットフォームは競合が多くない印象を受けます。

ここにBEXAMの大きな強みがあるのではないでしょうか。

BEXAMのこれまでの歩み

多くの情報はBEXAM公式ブログを追うことで確認することができます。

一度、ブログを追うことでBEXAMの歩みを記事にしました。

数多くのカンファレンスに参加したBEXAM

まったく新しいブロックチェーンの難しさもあると思っています。

オリジナリティがあるとも言えますが、実績がないとも言えます。

その実績のなさを、知名度のなさを、数多くの行動で埋めていくしかなかったのでしょう。

ブロックチェーンプロジェクトの中には、どこにあるかわからない海外の会社であったり、実態が無い会社だったり。真贋を確認するのが難しいプロジェクトが多いです。

いろんな企業のロゴだけを勝手に使って好き勝手な宣伝をしているプロジェクトもあったりします。そんな見極めの難しさんあるクリプト界の中でBEXAMは違います。

BEXAMにも使われている技術を作ったアーリーワークスはドコモのソリューション・パートナーして選出されていて、ドコモが主催したイベントにも足を運んでいるようです。

これは、技術的に確かな部分がないと成し得ないことであり、技術の証明が取れているということは他のプロジェクトと比べて圧倒的なアドバンテージがあると思います。

実際には技術的に出来ていなくて、失敗してしまう心配が少ないのはいいことだと思います。

BXAトークンからBEXAMトークンへ名称変更

これ、意外と大きなインパクトあるできごとだったと思います。

なにせ、BXAトークン自体もとても有名なトークンになってきているからです。

そして、名前が被って、トークンセールのタイミングが一歩遅れてしまったBEXAMはトークン名を変更しました。

2019年5月13日よりプレIEO

そして、直近になりますが、5月IEOがX-Hiveにちスタートいたします。

技術的な部分ではなく、わかる部分でのスタートはまさにここだと思います。

非常に楽しみであり、懸念している部分もあります。

ぜひ、記事を読んでください。

X-Hive&BEXAM&アーリーワークスの今後の動きを予想

BEXAMブロックチェーンプラットフォームを作り上げたBEXAMですが、すでに様々な企業と連携しています。

それは、X-Hiveを運営しますCryptech works, Ltdであったり、BEXAMのブロックチェーンシステムを開発したアーリーワークス社であったり。

3つの組織がそれぞれ自分のポジションでうまく機能するかが大きなカギとなります。

また、全く新しいブロックチェーンを使っているので、ブロックチェーンが壊れないかどうかなどが懸念点としてありますが、そこの部分に関しては、

「HACKEN」というブロックチェーンセキュリティの会社とも提携しているので安心できるかと思います。

Proud to announce new Advisor – HACKEN!

AIRASIA PARTNERS WITH HACKEN TO ENSURE THE HIGHEST LEVEL OF DATA SECURITY

エアアジアと提携していたりするセキュリティ会社。エアアジアはは言わずもがな、アジア最大の航空会社。

また一つ、プロジェクトへ信用度を高める提携なのではないでしょうか。

BEXAMの役割

アーリーワークス社が開発したブロックチェーンシステムを基礎として、企業向けのBEXAMプラットフォームを展開。

役割としては、海外のブロックチェーンを活用したい企業からカスタマイズされたブロックチェーンソリューション開発を受託し、BEXAMプラットフォームを展開していく役割です。

アーリーワークスの役割

システム開発の会社であり、ブロックチェーンシステムを開発。

BEXAMにブロックチェーンシステムのリソースを提供しているが、トークンの販売や運営はしていません。

プレスリリースなどをみるに、ブロックチェーンシステム開発に今後ますます注力していくものと思われる。

X-HiveExchangeの役割

Cryptech worksという会社が運営しているX-Hive取引所。

BEXAM exchange becomes X-HIVE

システム自体はBEXAMブロックチェーンを使って開発された取引所ですが、

取引所自体は売却され、Cryptech works社が運営していくようです。

なので、X-HiveExchangeは、アーリーワークス社が開発したブロックチェーンシステムを使ってBEXAMが作り、初めて企業に販売したプロダクトとも言えます。

そして、BEXAMトークンを販売していくところであります。

この3つは、ポジションも成し遂げることもまったく別ですが、お互いにポジティブな影響を与え合うと考えられます。

今後予想されるポジティブなサイクル

BEXAMとしては、まったく新しいブロックチェーンプラットフォームを運用するわけでして、ここから実際に運用していき実績を積み上げていく段階に入っていきます。

そこには3つの組織が各々実績を残していくしかありません。

  • BEXAM→BEXAMプラットフォーム事業の拡大
  • アーリーワークス→ブロックチェーン技術の開発&日本での実績
  • X-HiveExchange→BEXAMプラットフォームを活かしたプロダクトとしての認知

この3つが、実は絡み合って、ポジティブなサイクルを生み出すのではないかと考えています。

ポジティブサイクル・アーリーワークスの技術が日本で認められる

ブロックチェーン技術開発企業として、日本で実績を作り上げていき、アーリーワークス社が生み出すブロックチェーンの価値を証明していく必要があります。

そして、そこで認められてくると、出資を受けたり、協業の話も盛んに進んでいくと思われます。プレスリリースなどの文言を深読みしてみると、協業に関してはすでにいくつか進んでいるのではないかと推測できます。

アーリーワークス社の協業が進めばBEXAMプラットフォームの価値も上がっていく

BEXAMプラットフォームはアーリーワークス社の技術を基盤に開発されているので、その根本の価値が上がってくれば、必然的にBEXAMプラットフォームの価値も上がってきます。

BEXAMの価値が認められてくれば、BEXAMプラットフォームを導入するであろう企業も増え、BEXAMとして案件も決まり、売上も発生してくる。

BEXAMの売上がBEXAMトークンに還元される

第二のBNBになれるか。BEXAMトークンの上昇サイクル

BEXAMの売上は、BEXAMトークンに還元されるよう設計されています。

四半期に一度、定期的に売上の10%がバイバック(買い戻し&バーン)をし、市場供給量を低下させていき、BEXAMトークンの価値を上昇させていきます。

ここの情報をオフィシャルでも発信してくれると思いますし、どこよりも早くこのブログでも発信していきます。なぜなら、バイバックが入るということは運営の入れる買いに対して、期待買いをする人が増えるので、そこに向かって価格が上昇することも予想されるからです。

価格にボラリティが生まれれば、X-HiveExchangeの注目度&利用者もアップ

BEXAMトークンの価格が上昇し注目度が上がれば、それはそのままX-Hiveの注目度も上がることになります。

他の取引所に上場するかはまだわかりませんが、もしX-Hiveのみの上場だとすれば、X-Hiveに登録し、利用するしかないためです。

そして、X-Hive利用者が増えればユーティリティトークンとしても活用されるBEXAMトークンは取引量が増加し、買われることも増えてきます。

そして、取引所は使いやすさも非常に大事になってきます。

利用者が増え、X-hiveExchangeの使いやすさの認知も広がれば、それはそのままBEXAMプラットフォームへの評価にもつながります。

BEXAMプラットフォームへの認知&評価が上がり導入実績が増える

ここまでくればあとは以下同文です。

導入が進み、売上が上がり、BEXAMトークンの買い戻しが発生。

BEXAMトークンの価値上昇とともにポジティブサイクルのループへ

このあとは、BEXAMトークンを中心にポジティブなサイクルが回り始めます。

技術的な認知&証明は時間がかかると思われます。しかし、オフィシャルから出ている文言を見ていると、ある程度すでにいくつかのプロジェクトが動いているのでは?と予想ができます。

そこをベースにBEXAMの評価が上がり、売上が上がり、バイバックが発生し、X-Hiveが賑わい、さらに買い増しが発生し、BEXAMが評価され…

非常に理想的な形だと思います。

プレIEO・IEOを経てX-HiveExchangeにBEXAMトークン上場

2019年5月13日より、X-HiveにてBEXAMトークンのプレIEO&IEOがスタートします。

プレIEOに関しては、販売価格(0.12ドル)から10%ディスカウントで販売されます。

僕は2018年のトークンセールで購入しました(価格は同じ)ので、今回のプレIEOは一旦様子見です。

大規模なエアドロマーケティングも開催していて、

エアドロで配った分をそのまま、売り抜けても利益になるので(一人24ドル相当のエアドロ)、若干売り圧が気になっています。

なので、上場後少し下がる可能性もあり、そのタイミングでインしてもいいかもしれません。

ただ、BTCの動きや2019年にはいってからのIEOへの期待など考えると、そのまま上昇するかもしれないので、正直予想は非常に難しいです。

BEXAMトークンIEOへの参加方法

仮想通貨BEXAMの今後に注目

とにもかくにも、BEXAMにとってIEOは通過点に過ぎません。

しかし、大事なスタートです。

遂に動き出します。

新たに生まれたブロックチェーンなので正直どうなるかは誰にもわかりません。ただそれはビットコインのときもそうだったわけです。

僕は飛び込むタイミングだと思っています。

ビットコインも暴れだしています。大口が仕込み終わったのでしょうか。

技術的に証明され認知されていくとともに、BEXAMプラットフォームは大きくなっていきます。

今後のBEXAM&BEXAMトークンに大いに注目です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

記事のフォローをLINE@やディスコードで行っております

もしわからないこと、疑問&質問あればLINE@&ディスコードに遊びにきてください。

記事の下にリンクがあります。

お待ちしております。

大注目のBEXAMトークン、いかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください