副業としての仮想通貨

4月28日遂にBMXで購入可能に/BitMartのIEO・IOTWトークンセール

こんにちは、仮想通貨ブログ運営のアオムーです。

BitMartの認定パートナーに選ばれまして興味を持って記事を書いてきましたが、とうとうこの日がやってきました。

IEO参加を取引所独自トークンBMXで購入できる日が。

BMXで購入できるということは、BitMartのBMXがバイナンスのBNBみたいにIEO直前まで高騰する可能性があるということです。

次回BitMartのIEO(トークンセール)は4月28,29日の二日間です。

今年大注目のIEOを開設していきます。

大盛況で予定より早く終わった1回目のBitMartのIEO

BitMartの第一回目のIEOが4月13日より三日間で行われました。

予想以上の売れ行きで、三日間の予定だったのですが、二日目で販売予定額に到達してしまい(さじかげん)二日目で終わりました。

結局、2019年のIEOは2017年のICOとノリは似ていて、やれば完売の可能性が非常に高く、注目度の高さを伺えます。

IEOはすぐに上場する安心感と販売数の少なさが特徴

BItMartのIEOも基本終了してからなるべく早くBitMartに上場することは決まっています。

そして、完売も人気があるのはもちろんなのでしょうが、販売数の少なさも相まってまさに秒殺で売り切れます。

BitMart次回IEO・IOTWトークンセールは4月28日

次回トークンセールのお知らせ・BitMart記事

トークンはIOTWってやつです。

興味ある方は、Crypto Timesさんの記事、

IOTW – IoT機器でマイニングができるプロジェクトをお読みください。

何より今回のIEOでとても重要なのはBitMartの独自取引所トークンBMXでIEOに参加できるようになったことです。

4月28日のIEOからBitMartの独自トークン・BMXでの購入可能&特典が

bitmart

BMX建てでトークンセールに参加すると15分前から購入可能に

今回、こんな15分前から購入できる特典が付いてきます。

これが何を意味するかといいますと、多分ですけど、BMX建てで購入しないと間に合わないということです。

BTC建てで購入できるタイミングまで残っているのは厳しいと思います。

バイナンスのBNBはIEO直前まで価格が高騰

BMXもBNB同様、直前まではBMXの価格上昇するのではないでしょうか。

IEO自体も注目ですが、僕としてはBMXの価格に非常に注目しています。

BitMartのIEOは終了次第2週間以内にBitMartに上場します

そして4月28,29日のIEO終了後2週間以内にBitMartに上場します。

すぐに取引できるのはとてもありがたいですし、それがIEOの強みです。

大注目のBEXAM-ICO&IEOのロードマップ・スケジュール解説

BitMartのトークンセール(IEO)に参加するにはアカウント登録が必要

アカウント開設はとても簡単です。メールアドレスとパスワード。そのあとのKYCも免許証など書類と自撮りを完了すればあとは簡単です。

2019年はIEOと独自トークンに大注目

IEOを行えば、ほぼどれも完売です。2017年のICOの反省もあり、すぐに上場する、販売数が少なく設定されている。などの改善点も良く、当分この流れは続くのではないでしょうか。

さらに、IEOの影響で取引所に人が、お金が集まるようになり、

取引所ユーティリティトークンに採用されているトークンの価値が上がったりもします。

BNBのトークン設計は非常に素晴らしく、現在BNBに追いつけ追い越せで様々なプロジェクトがトークン設計に磨きをかけています。

第二のBNBになれるか?BEXMAトークンの上昇サイクルを解説

BitMart・IEOにBMX採用まとめ

本来ならトークンセールされる側のプロジェクト、今回だとIOTWトークンに注目なのでしょうが、僕としてはBMXに注目です。

すくなくとも必要性は増しました。

全体的に上昇サイクルに入っている印象です。今年後半からBTC・ETH中心により盛り上がってくると思います。

みんなどこかで仕込んでいます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

BEXAMトークンのIEOは5月X-Hiveにて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください