副業としての仮想通貨

仮想通貨BXAトークン&Bithumb(ビッサム)取引所の関係やトークンの狙いを解説

こんにちは、仮想通貨ブログ運営のアオムーです。

BEXAMトークンの記事をたくさん書いてるのですが、その中で

という記事を書いたところ、

「BEXAMトークン」というワードより「BXAトークン」というワードで検索されるようになり、そちらの方がヒットが多い現状です。

ということでせっかく検索されているのでBXAトークンの記事も書こうと思いしらべました。

結論からいいますと、やりたいことは面白いし壮大な計画だなと思います。

あと、Bithumbとの関係は正直わかりませんでした。

それではBXAトークンを見ていきましょう!

BXAトークンとは?

明確な情報はこんな感じです。コミュニティはBXAテレグラムがあります。

あと公式のブログもあります。

取引所にも上場中

グーグルで検索して引っ張ってきてますが、使ったことない取引所で正直正解かわかりません笑

BXAトークンの価格

BEXAMトークン総額2億円エアドロップ開催中

BXAはBlockchain Exchange Allianceが運営している

https://www.bxa.com/

公式サイトの名前でもあります、

「Blockchain Exchange Alliance」がBXAトークンの運営をしております。

ようはここの運営会社が、どこと提携してるだとか、株主だとかの情報が流れているわけですが、公式サイトからだとそこにたどり着くことは難しいです。

BXAのざっくり調べて感じたプロジェクトのやりたいこと

https://www.bxa.com/features

世界中の取引所を買収&提携を進めて行って(DEXを中心に考えている模様)取引所自体をHUBというかノードとして考え、世界中にネットワーク&送金網を作り上げようという壮大なプロジェクトです。

そしてそこでメインで利用される通貨がBXAトークンです。

今後はノード運営で手数料&金利収入の時代がきるのでは

Blockchain Exchange Alliance(BXA)はビッサム(Bithumb)取引所を買収しようとしている

そして、最大の売りはここです。

韓国最大(申告額面)の取引所の1つBithumbに上場するのではないか。

という部分です。買収をチャレンジはしてるみたいです。

そしてコインテレグラフからはこのような記事も出ています。

仮想通貨取引所ビッサムの親会社CEO、日米進出やBXAトークン上場計画に言及【単独】

鵜呑みにすれば、BXAはビッサムの実質親会社って流れで書かれています。

https://twitter.com/search?q=BXA&src=typd

ただ、こちらは「BXA」とツイッターで検索した結果なのですが、

買収には未だ成功しておらず、上場も含め足踏み状態なのではないか。というコメントが多いです。

売りとしては多くの取引所を買収したり提携したりネットワーク構築→BXAトークン活用

リップルが世界中の銀行と提携してネットワークを構築しようとしてるのと、ある意味似てるのかぁって感じですが、世界中の取引所と提携してネットワークを構築するという野望の中で、

BXAトークンが活かされるわけです。

言うのは勝手ですからね笑

実際に提携が成立してネットワークが構築できれば活躍する場は多いと思います。ただ、競合も多い印象です。

そして、今の所頼みの綱はBithumbビッサム取引所なのだろうなと思います。

しかし、資金力があると何が起こるかわからない世界です。資金力で押し切るプロジェクトもあります。BXAがたくさんトークン売れて価格が上がったら多くの提携もゼロではないと思います。

独自トークンでIEO参加が可能になったBitMart&BMXトークン解説

BXAトークンロードマップ紹介

https://cdn.bxa.global/whitepaper.pdf

DCEX(DEXと中央集権の半分みたいな取引所)が優先度高くて、取引所パートナーシップも2つ、3つと実現していく段階にあるみたいです。

どれくらい実現してるんですかね。そこまでは追えてないです。

BXAトークンまとめ

こうやって記事かくと今度はBithumbの記事も書かなきゃなぁって感じになってきます。もう芋づるです。

BXAの記事が読まれてしまっているのでしかたないです。

みんなどこかで仕込んでます。BXAもツイッター見てると購入している人多そうですね。うまく着地して欲しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます!

注目度を増しているBEXAMトークンの上昇サイクル解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください