副業としての仮想通貨

仮想通貨DFN(Dfinity)の先物がCOINFLEX取引所でIFO

こんにちは、アオムーです。

[DFNトークンのIFO(トークン先物のプレセール)が COINFLEXで行われる]という記事です。

COINFLEXのDfinity IFOの記事

いつでしたかね。なんかすっごい昔、2017年の12月くらいですかね。

Dfinityというプロジェクトのエアドロに応募しまして、さらになんか記念にTシャツを購入しました笑

COINLISTというサイトで、登録していつか貰える。みたいな感じだったんだけど、どうなったんだろ。ちなみにCOINLISTはトークルセールをやるプラットフォームでした。

IEOとか流行る前で、ICOがどうも信用ならない時期にはとても画期的な感じに見えました。

そんな一年以上前にエアドロに申し込んだ、DfinityのDFNトークン

COINFLEXという仮想通貨取引所でIFOするらしいです。IFO。IFO?!

ということでツッコミどころ満載の記事にらなりますが、 「IFO」「DFNトークン」「 COINFLEX」などについて記事にしていきたいと思います。

COINFLEX仮想通貨先物取引所でDfinity(DFN)のIFO・プレセール

とにかくどっから説明するのが正しいのかわかりませんが、まずアオムーの行動としては、

COINFLEXでDFNのIFOに参加したい。

という気持ちで調べはじめました。

この記事の注目ポイントは、

  • IFOとは
  • DFNトークン
  • COINFLEXの取引所トークン・FLEX

です。

さすが、トークン特化型ブログ笑

IFOとはなんですか??

IFOとは、ICO(イニシャルコインオファリング)、IEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)の流れの言葉で、IFO(イニシャルフューチャーオファリング)です。

新規でブロックチェーンを利用して発行したトークンを販売して資金を集めるトークンセール(ICO)から始まり、2019年はこのICOを取引所でやることにより、信用度を少し上げて実施する方法(IEO)が主流になりました。

なんとなく、取引所がトークン販売すると安心感アップ。とくにバイナンスなどのIEO。

そして、遂にトークンセールで「先物」を売る時代になりました。

ざっくり言えば、「未来に現物が販売されるであろうトークンを、まだ出回ってないけど未来に手に入れることができる権利を販売」するわけです。

いわゆる先物取引です。

そして先物、所有の権利の販売なので権利の取引が始まればCOINFLEXでトレードもできます。そして、期日になれば現物が渡されるわけです。

そこがCOINFLEXのすごいところ。先物の販売するけど、最終的に現物渡しますよ。って。

IFOは今後大注目のトークンセールになっていくでしょう。

Dfinity・DFNトークンとは?

僕の頭では正直Dfinityがなんなのか、なんてことはわかりませんがキャッチコピーといいますか、「クラウドスーパーコンピューティング」を目指しているみたいです。

Dfinityホワイトペーパー

そしてこれが一番わかりやすいなぁっていうのが、「競合はAWS(アマゾンのクラウド)」って言葉。

AWSはもちろんアマゾンがコントロールしているクラウドサービスですが、これが分散型ネットワークで中心となる管理者がいないプラットフォームになる。

できあがると国家間の争いが起ころうがもうダウンすることは99.9パーセントない分散型のクラウドが完成するはずです。

まさにWEB3.0の世界です。

一応PoSで、バリーデートするノードはランダムに選ばれるらしいです。

正直さっぱりですが、たくさん持っているとロット数が増えるから報酬が貰える確率は増えるけど、持ってる数自体は関係なくランダムで選ばれる。こんな形が増えている気がします。

Dfinity

COINFLEX取引所でIFO

そして、将来有望らしいDfinity(話がでかすぎてわからん)の先物トークンセール・IFOが、

COINFLEXで行われます。

前提としてパソコンの方が圧倒的に楽

スマホでも登録はできます。ただ、モバイルファーストのデザインではありません。(パソコンと同期させて使うスマホアプリは使いやすい)

クッキー利用していいんだな!ってまず黄色いところ押せよ!みたいな強烈なスタートから始まり。

こんな画面からスタートして「START TRADING」なんてとこから登録開始。

いつも通り、メールアドレス&パスワード

登録していきます。

そして、強制的に2段階認証の設定をさせられたり(「Authy」あると便利。

色々、設定してくださいね。って結構大変です。なので、とにかくパソコンでやりましょう。

その方が数倍楽です。

COINFLEXに登録する

COINFLEXの取引所トークンに注目

上の画像、COINFLEXのスマホアプリです。スマホアプリは、とっても使いやすいです。ブラウザ版は使いづらいです笑

取引所トークン、「FLEX」に注目しています。

案の定、IFOに参加するためにはFLEXトークンをロックアップする必要があります(1000FLEXを1週間?)

バイナンスのIEOでも同じですね。参加するにはBNBロックアップが14日くらい必要だったり(すぐルール変わるので注意)

ちなみに、COINFLEXの第一弾IFOはpolkadotでした。あんまり詳しくないですが、なんとなくCOSMOSのライバルって感じです

プレセールやチーム保有分なし

プレマイン的なのは、なし。配布は取引マイニングらしいです。

COINFLEXトレードで取引すると貰える的な。

四半期に利益の20パーセント市場から買い戻しバーン

これもほぼバイナンスと同じですかね。

こんな感じで、IFOなんてワクワクする新しいトークンセールしたり、取引所トークンが面白かったりと、

COINFLEXのFLEXトークンはとても注目しています。

ただ、とにかく買うまでがちょっと大変です。少し、使いづらいです。スマホアプリまでたどり着けば…

あ、一個だけ良いのはKYCが必要ないところです。出金に必要ないかはまだ調べてないですが、使い始めには必要ありません。

ただオフショアでの運営なのでいらないのかなぁ。あなたはたどり着けるでしょうか笑

COINFLEXでFLEXトークン買うの挑戦してみる

簡単にDFNのIFO参加方法の話

力尽きましたが、DfinityのIFO参加方法の公式の記事を、ここに貼っておきます。

Dfinity IFO参加方法

1DFN1.5ドルで300ドル分(200DFN)まで購入できます。しかも300人なのかな?ややこしや。

とにかく登録です。そして、今回のDfinityのIFO間に合わなくても、次回のIFOに参加できるように準備です。

新しいものにサッと飛び乗ってみました。

どうなるかわかりませんが、久々によくわからずスタートしてなんとかできたので嬉しかったです笑

よかったら参考にしてみてください。

COINFLEX登録にトライ

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください