情報共有コミュニティ

【4月アップデート】FTX仮想通貨取引所のスマホアプリがより使いやすく!など

こんにちは、アオムーです。

FTX仮想通貨取引所のスマホアプリが新しく生まれ変わるようです。

「使いやすいビットコインFXができるスマホアプリないかなー」

なんて思っている人に朗報かもしれません。(書いてる時点ではまだ出てない)

2020年4月ダイジェストがFTX仮想通貨取引所より届く

アカウント作ってる人みんなに届く、月一のメール。

FTX4月ダイジェスト(英語)

4月のFTXの動きなどがまとまって載っています。

そして、すごいたくさん新しいことがあったのがわかります。

まずFTXスマホアプリがリニューアル

もっさりしてるっちゃしてるんですよね。

サブアカウント管理もできるし、スマホでデスクトップ版とほぼ同じ機能をフルで使えるスマホアプリ。

ただ確かに、もう少しよくなるといいなぁといいますか。

美しさを向上させるだけでなく、より速く、よりスムーズに
ナビゲートしやすくなります。

https://blog.ftx.com/monthly-digest/april.pdf

とのことです。

これで、ガンガンビットコインFXトレードができるようになると、

さらにFTXの使い勝手がよくなります。嬉しい。

Quant Zone サービススタート

まさか、これ4月だったのか笑

4月長いな。

FTX仮想通貨取引所内で、簡単にBOTが組めるサービスです。

オススメのサービスですし、

今の所、他の取引所であまり見ないサービスなので、

まさにFTXの強みに今後成長するのではないでしょうか。

ゆくゆくは、他の人が作ったBOTも購入できるようになるみたいです。

原油先物上場(Oil Futures)

原油がマイナスになったときあったじゃないですか。

あのタイミングでぶっこんで来ました。

原油先物。

少し特殊なルールなのですが、

仮想通貨(暗号資産)で原油先物をトレードできるのは面白い試みです。

Half Tokens

HALFトークン。

出来高が少ないのが気になるのですが、

レンジ相場などで強みを発揮するレバレッジトークンです。

BVOL/iBVOL

これが一番最近のニュースですね。

MOVEをベースとした、ビットコインのボラティリティをトークンです。

これは多分、人気でますね。

2020年5月にコンペティションも行われています。

FTX特有の強みになるであろう面白いトークン誕生です。

注文方法のバリエーションも増え使いやすく

いっぺんに、

指値、損切り設定、利確設定。ができます。

めっちゃ便利。

使いやすいので記事をみて、ぜひ使ってみてください。

個人的には一番熱いニュースだった。

順調に取引ボリュームも増えています

まさに右肩上がり(=゚ω゚)

ぐっじょぶ!!

ここら辺はね、よくわかりません。サーフェスって書いてある(=゚ω゚)

FTTトークンも順調にバーンされています

FTTトークン(FTXのオリジナルトークン)は毎週バーンされています。

  • FTX市場で発生したすべての手数料の33%
  • 保険基金への純増額の10%
  • FTXプラットフォームの他の使用から得られる手数料の5%

上記の分をバーンするわけでして、今の所、

2020年4月末のFTTの価格を使用して約1,220万ドル相当の合計3,858,881 FTTを燃焼しました。

https://blog.ftx.com/monthly-digest/april.pdf

右肩上がりです。

まあ、そりゃそうですよね。取引高が右肩上がりなんだから、売り上げも右肩上がりです。

FTXはFTTの循環供給の3.5%以上を消費し、保険基金を525万FTT($ 16.64mm)に増加させました。これは循環供給のほぼ5%です。

https://blog.ftx.com/monthly-digest/april.pdf

すごくないですか笑

これは別でちゃんと記事にしよう(=゚ω゚)

手数料の比較。FTXの手数料ってわりと良心的なんですね。

ええこっちゃ。

FTXは順調のようです。

FTXはオススメの取引所です!

ビットメックスが使えなくなりました。

どこでビットコインFXやるのよ?

って話で。

FTXなんていいんじゃないでしょうか。

オススメです。

こちらFTX新規口座開設リンクから登録していただけると、取引手数料10%割引になります。さらに30ドル分クーポンつき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください