FTXjapan仮想通貨取引所日本版が2022年4月開始&取引銘柄などサービス紹介

こんにちは、あおむです。

FTXのジャパン版が、日本人が使える仮想通貨取引所が一つ増えました。

FTXJP。

日本の暗号資産取引業の免許皆伝。

サイトが公開される前は、

様々な情報が飛び交いましたが、

実際にサイトが動き出してみると、

結構良い取引所なんじゃないの???

って話で、まとまっている気がします。

もともと、素晴らしい取引所だったFTX。

日本の規制に合わせて動き出した状態でも、

もちろん、使えないサービスもありますが、

けっこーいいんじゃね?

ということで、実際にFTXjapan仮想通貨取引所を触ってみて、

いろいろサービスを紹介してみたいと思います。

まずはじめにLiquid by FTXとFTXjpは違う取引所らしい

FTXっていう海外の取引所が日本でサービス展開してます、Liquidを買収しました。

なので、Liquidって取引所がFTXjpになるんだろうなって思っていたら、

全然別で、むしろベースはFTXのまま、

FTXcomからFTXjpになっただけ。

みたいな感じになってます。

ここがまず高得点、ありがとう。

こっちがFTXjapan。

いいね!!上の青っぽいサイト画像がliquid。

別々の取引所でよかった。

そして、Liquid取引所をつかっている人が、

FTXjpに引っ越す。みたいなイメージのようです。

FTXjapan仮想通貨取引所の基本的なサービス

わりと結構、いままでのFTXみたいな感じで使える部分が多いみたいです。

サイトみて確認していきましょう。

こちら、日本上陸する前のFTXcomの紹介記事

日本の交換業の免許を持ってる日本仮想通貨取引所

はい、まず取引所を登録するときに一番大事なところ。

海外の免許取得してない取引所か、日本の交換業に登録している取引所か。

一般の人が、海外の取引所を使う分には別に罰則はありませんが、

事業者側は、日本人向けにサービスしてはいけません。

FTXjpは、日本の取引所です。

FTX日本の仮想通貨はBTC、ETH、SOL、FTTなど

2022年4月現在、

  • ETH
  • BTC
  • SOL
  • XRP
  • FTT
  • LTC
  • BCH
  • BAT

かな。ここからどんどん増えていくと思います。

パーペチュアル(無期限先物)が取引できる

日本の取引所だと、ビットコインFXとかそんな名前だったりするデリバティブ取引。

いわゆる、ロング&ショート。

ちなみにレバレッジは2倍です。

レバレッジかけて何倍だ!!

ってトレードするやつ。

パーペチュアルとは?

ショート(値下がりで儲けるやつ。)

それが、トレードできます。しかも、本家FTXと共通の板らしくボリュームが多いそうです。

めでたい。過疎ってると板がなくてトレードしずらいようなので良きですね。

トレードできる銘柄は、

パーペチュアルのほうが、銘柄が多いです。

さてどれでしょう。

  • BTC-PERP
  • ETH-PERP
  • SOL-PERP
  • XRP-PERP
  • FTT-PERP
  • LTC-PERP
  • BCH-PERP
  • XLM-PERP
  • BAT-PERP

です。

XLMが多いですね。

めでたい。ありがとうFTX。

P2P暗号資産貸し借りサービス

なんじゃそりゃ。

まあ、多分レンディングってことですよね。

貸し借りで金利分稼ぐと。

「日本の規制当局によって規制されていないことを理解している」

発想として、規制されていないことをやっちゃダメと捉えるか、規制前だからリスクあるけど使えるよ。って捉えるかでいろいろ変わってくると思います。

FTXjapanから離れて、本家FTXのサービスということで

利用できます。

こんなやり方もあるんだね。

しらなんだ。

仮想通貨の出金はマルチチェーン対応

上記画像は、イーサリアムの出金ページなのですが、

イーサリアムの出金は

  • ETH
  • solana
  • Arbitrum

って3つに対応しています。

Arbitrumはイーサリアムのレイヤー2のネットワークで、イーサリアムより手数料がやすかったり早かったりするネットワークです。

これが使えるのすごいなぁ。など。

FTTトークンで確認すると、

  • ERC20(イーサリアム)
  • solana
  • バイナンスチェーンBEP2

と3つあります。

FTTトークンのユーティリティも結構そのまま

FTXの取引所トークンであります、

FTTトークン。

を、もっているとFTXjapanを使う上で特典があります。

手数料が安くなったり、リファのパーセンテージが上がったり、IEOに参加できたり。

IEOにFTXjapan民が参加できるかは正直わからない、いやむしろ今の規制のままじゃ無理だろって感じなんですけど、まあ出金できなきゃいいんじゃね?

とか落とし所ないんすかね。

IEOっていうのは、取引所が主催するトークンセールです。

新しいコインの抽選販売で、

結構な割合で値上がりしたり、儲かることが多い印象です。もちろん全てではないです。

FTTトークン150枚くらいもってると、IEO参加権一枚獲得できたり、手数料も有利になるし、

まあ結構高いですが、使うのであればFTXjapanを利用するのであれば、

持っていたほうがよいです。

↓↓ここからFTXjapan登録すると手数料が5%割引で利用できます。

FTXで取引手数料が5%割引になる登録コード

リファラルが取引出来高でもらえる

こちらもFTTトークンのステーク量で変わってきます。

たくさんステークするとパーセンテージが上がったり、

リンクで紹介すると、使った人の取引手数料の25%以上が自分に来ます。

日本の取引所で取引高で手数料収入があるリファは初めてじゃないかな。あるのかな。

わからんけど、珍しいです。海外取引ではよくあるタイプ。

API使える

載ってるから紹介しましたが、私BOT使いではないので、これがなんだかよくわかりません。

クリプタクトでFTXの情報持ってきたいとき使ったりするので、

多分、FTXから情報引っ張ってきたり、コマンドを送ることができるナニカなのだと思う。

そして、ツイッターで見た情報でいうと本家FTXと共通なのかな。

25FTTステークするとイーサリアム(EERC20)の出金1回手数料無料

150FTTで3回出金無料。

そう、ETH系の出金手数料高いから馬鹿にならない。

やすいと助かる、ありがとう、FTT。

サブアカウント機能も使える

マージンポジションを互いに分離することで、

マージンポジションによるリスクの最大値を制限できます。

って書いてある。

分離マージン。ってやつだきっと。

資金を同じアカウントでも、複数のアカウントにわけて管理できるのほんと便利。

ありがとうFTX。

これからNFTとかクオンツ(自動売買)とか、増えていくといいなぁ

はい、本家FTXでよく使われていたクオンツ(仮想通貨自動売買を簡単に組めるサービス)

であったり、NFTであったり、

できるといいなぁ。

スマホアプリのメニューにはNFTとか書いてあるんですけどね。

でも、最初から飛ばしすぎると目つけられるから。

今後の発展に期待しております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください