BEXAM最新記事一覧

X-Hive取引所・OP上場銘柄&手数料/仮想通貨BEXAM

こんにちは。仮想通貨ブログを運営しておりますアオムーです。

BEXAM上場予定(5月IEO)のX-Hiveのオープンするときの仮想通貨銘柄と手数料についての記事です。

正確な日程はわからないですが、IEOまであと1ヶ月くらいです。

すでにベータ版X-Hiveは触ることができます。

X-HiveでのBEXAMトークンのIEO日程が決まりました!

X-Hive取引所オープン時の取り扱い銘柄

https://x-hive.io/

X-Hiveのサイトに載っているプレスリリースの情報です。

取引所の売りとしては様々なブロックチェーンの銘柄を扱えるというところを売りにしていたので最終的にはたくさんの銘柄を扱うのだと思いますが、

最初はベターな銘柄です。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
OP取り扱い仮想通貨ペア
ETH/BTC, LTC/BTC, BCH/BTC, LTC/ETH, BCH/ETH

代表的な取引所銘柄です。この銘柄はベータ版で取引できる銘柄なので、

6月のオフィシャルオープンの時には、ここにBEXAMなどが加わっているものだと思っています。

X-Hive取引所の取引手数料0.05%

ベータ版が稼働している現在、すべての取引手数料は0.05パーセントです。

そして、オフィシャルオープンしたとき、BEXAMトークンも上場すると思われますが、

その時には、BEXAMトークンがバイナンスのBNBトークンのような役割をになって、BEXAMトークン介してトレードすれば0.05パーセントになって、利用しなければ0.1パーセントのはずです。

多分、バックグラウンドで処理してくれるタイムだと思いますので取引所を利用する方は全員BEXAMトークンを利用して手数料50%割引で取引するものだと思います。

現状(2019.4)はBEXAMトークンが取引されていないので、一律0.05%で取引できます。

仮想通貨BEXAMエアドロップ中

現在、X-Hive取引所に登録するとBEXAMトークンがもらえます。

BEXAMトークンIEO日程は2019年5月13日から

メアド&パスワード登録だけで100BEXAM(12ドル相当)

課題を1つクリアするとBEXAMトークンがもらえるのですが、1つ目はとても簡単でメアドとパスワードだけでもらえます。

2018年のICO価格換算ですが、100BEXAMで12ドルらしいです。

KYCを完了するとさらに100BEXAM

実際にX-Hive取引所を利用するにあたっても、KYCが必須なのでここまでやることをオススメいたします。

KYC=本人確認

運転免許証でも本人確認は可能なのです。

X-Hive取引所銘柄&手数料まとめ

現状ベータ版なので大金を入金したりするのはオススメしませんし、実際に触るのは5月、6月からで十分だと思います。

X-HiveはすでにBEXAMが他社にブロックチェーンサービスとして他社に納品しているプラットフォームです。こういう実績が積み重なって軌道に乗ってくれるといいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

BEXAMトークンの上昇サイクルを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください