BEXAM最新記事一覧

X-Hive仮想通貨取引所・登録方法を画像で解説

こんにちは、仮想通貨ブロガー・アオムーです。

BEXAMトークンが上場予定の仮想通貨取引所X-Hiveの登録方法紹介です。登録自体はメールアドレスとパスワードで完了です。

全部英語ですが、爆発したりはしないので登録される方はやってみましょう。

BEXAMトークン上場予定X-Hive仮想通貨取引所登録方法

まずはBEXAMトークンの紹介です。

こちらのトークンがX-Hiveに上場します。2019年3月現在事前登録中です。

今回はスマホで登録する流れを画像で説明します。実際に行うことはデスクトップと変わりません。

ステップ01・メールアドレス&パスワードを登録

まずはX-Hiveのサイトに行きます。

写真一番下の「Register(登録)」をクリック。

そうすると、下の画像になります。

  • メールアドレス入力
  • パスワード入力
  • 確認のため同じパスワードもう一度入力

パスワード間違ってないか確認の為に2回入力します。

メモか、パスワード管理アプリを利用して、そこからコピペで使うのが楽です。

次に進みます。

利用規約にチェックするのをお忘れなく

この画面の英語がたくさん書いてあるところが「利用規約」です。

一番下までスクロールすると、チェックボックスが出てきます。

それをクリックしないと「CREATE MY ACCOUNT」がクリックできずに、次に進めないシステムです。

上記画像みたく、チェックを入れると、

「CREATE MY ACCOUNT」が青く色がつきます。

そしてクリックしてください。

この画面に到達します!

書いてある内容は、

「登録してくれたメールアドレスにメール送ったから、そのメールの認証ボタン押してね」という内容です。

送られてきたメールを確認

「Verify My Email Address」

がメールアドレス確認ボタンです。ここをクリック。

そうすると、

「メール 成功したよ 確認作業!」と、X-HiveのサイトでOKサインをもらえるので、これで完了です。

青い文字の「log in/ログイン」を押せば、最初の画面に戻ります。

ふたたび、この画面で登録した「メールアドレス」&「パスワード」を入力。

「LOG IN」をクリック。

これでログイン完了で、下の画像の画面になります。

一旦、これで完了です。おめでとうございます。

X-Hive登録画面にいく

のちほど本人確認作業が必要です

そして、このあと、本人確認作業が必要です。

そのままノード運営者がウォレットとしても活用するためだと思いますが、KYCは必須です。

ただ、まだ稼働していないので、慌ててやる必要はありません。

どこも同じですが、本人確認書類提出してOK出るまで数日かかることがあるので、空いてるタイミングでやりましょう。

必要なものは、

本人確認にはパスポートか運転免許証が必要です

別の記事で、本人確認作業のやり方をまとめます。

X-Hive仮想通貨取引所登録まとめ

X-Hiveの登録方法でした。

英語表記だけなので、やりづらいところもあると思いますが、実際に最初に入力するのはメールアドレスとパスワードのみなので、慌てずやりましょう。

本人確認はパスポートか運転免許証が必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

テレグラムLINE@で質問お受けしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください