副業としての仮想通貨

季節とビットコインの関係-春の香りに身を任せ

こんにちは、仮想通貨ブロガー・アオムーです。

春ですね、気温が上がって参りました。

けっこー季節にぴったり寄り添うような値動きをするビットコイン。春夏秋冬で年中行事みたくウネウネ。

年始の季節のご挨拶

年始は、新しい年の幕開けで平穏無事な、正月くらいやすモーゼ感。が、ない笑

だいたい、年末に大暴れしてるんですよね。年末の特番かってくらいイベント大量投入で、いろんなニュースが飛び交って。

2017年はもちろんバブリーな一山ができがり、2018年はビットコインキャッシュの興行がありました。そんなこんながあって、まあデジタルなビットコインさんにお正月なんてあるわけもなく、無機質に時を刻んで参ります。

人生で、あなたからひと時も離れない存在ってなーんだ?それは、時間です。恋人でも親族でよ空気でもありません。

そー考えるとビットコインがネットワークの中で手に入れたのは時間かもしれません。

金利の世界へようこそ。

バレンタインデーやら年度末やら

バレンタインデーはモチベーションがぐらつく大事なファンダでして、そのぐらつきがそのままチャートに反映されて、反発に次ぐ反発。

そして、なんとなく一年で1番低くなりがちが一月を無事に乗り越えて安堵感からスイーツも食べたくなりますよまったく。

確定申告おつ。

年度末で、お金の帳尻をあんせなければならない人がいたり。

資金調達です。セルフちょーたつ。

そこで、一通り売りが入ることもありますが、ただ、闇雲に四月からの新春シャンソンショーの如く、新しい季節への期待から、うやむやに。

急に夜、多くなる4、5人でキャッキャしている制服姿の高校生の纏うパッケージされている青い時間に、淡いピンクが舞い散ります。

桜はオンユアマーク。

号砲が聞こえる。

そして新年度。ゴールデンウィーク。からの6月。一休みで、今年と夏がきたと、ロードムービー風のロック歌謡曲の旋律に合わせ、

また季節は巡ります。

春。

ビットコインさんのご機嫌はいかに。


bexamトークンモデルの可能性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください