BEXAM最新記事一覧

ノードなしでライトニングネットワークにビットコインを入金したり送金する方法

こんにちは、仮想通貨ブロガー・アオムーです。

LightningNetwork/ライトニングネットワーク使ってますか?

ビットコインがとにかく早く、しかも手数料を1satoshiとか2satoshiとかで送金できる、慣れるとめっちゃ簡単で楽しいシステムが仮想通貨界隈に現れております。ライトニングネットワークです

そして、ここ数ヶ月で、ノードを運営していなくてスマホやデスクトップアプリでライトニングネットワークを利用できるようになってきました。

これは利用するしかない。

一方Twitterでは、ライトニングネットワークを利用して手軽にTipを投げられるアプリケーションがでました。

アオムーとしては、よくTwitterで投銭&プレゼント企画を行っているので、そこで大いに使えますし、なんだかんだビットコインを軽くもらえるのはとても嬉しいことです。

とても簡単なので、ぜひトライしてみてください。

この記事を読むと、ビットコインをライトニングネットワーク経由で送金&受取できるようになったり、ライトニングウォレットに入ってるsatoshiをビットコインウォレットに戻して、貰ったチップを日本円に換金できるようになります。

ライトニングネットワークとはなにか

多分、僕の記事を読みにきている人は、技術的な話はいらないと思うので(もちろん僕も完璧にはわかりません)そこは飛ばして、イメージの話をすると、

ビットコインブロックチェーンの上に新たなネットワークを作っている感じです。そしてそのネットワークはとても早く手数料が安く使えます。
(ちゃんと別で技術的な記事も読もう)

使っている通貨はBTCなのですが、そのビットコインをライトニングネットワーク用に両替(デポジットのほうがニュアンス近いですがイメージです)して、ライトニングネットワーク用ウォレットに入金しなきゃいけないのです。

ただ、この一手間を行ってしまえばあとは簡単です。早く安くビットコインを送金できます。

まずはじめに注意事項

まだまだ、発展途上の技術です。

もともと少額決済向けではあるのですが、それも含めて小さな額でやりましょう。今回紹介するアプリケーション自体もたくさんBTCを入金できないように作られています。

まだ動き出したばかりのウォレット&マイナーなウォレットです

もともと信頼を極力排除しても稼働する。というのがブロックチェーンのよいところなのですが、ことウォレットに関してはひとまず運営を信じるしかありません。

これはライトニングネットワークの問題点ではなく、今回紹介するアプリもそうですし、サービス全体に言えます。紹介するウォレットはオープンソースですが、僕は正直コードを読めないのでだから大丈夫!とは言えません。

触って、大丈夫だったので記事を書いていますが、今回記事に出てくるウォレット&サービスはまだ生まれて日が浅くメジャーではないので、そこが気になる方は利用をやめましょう。

ライトニングウォレットとビットコインウォレットを行き来する大まかな流れ

非常に簡単です。一番最初に紹介するやり方は、デスクトップパソコンを利用します。

大まかな流れは、ビットコインが入っているウォレットからChrome拡張機能としてつかえるウォレットブラウザBitlumにビットコインを送金します。

これで終わりです。

Bitlumは、入金されたビットコインをビットコインウォレット用としてもライトニングウォレット用としても利用できるのです。そして、本来はこうあるべきだし、使っていてこういう流れになるんだろうな。とは思っています。

あとは、ライトニングウォレットに出金すればライトニングネットワークで利用できるし、ビットコインウォレットに送金すれば普段のビットコインとして利用できます。

ステップ1・ビットコインウォレットを準備する

今回は、セキュリティの部分は大きく踏み込まず、とにかく簡単な管理方法で考えます。

ライトニングウォレット&ビットコインウォレット両方管理できるBlueWallet

https://bluewallet.io/

BlueWallet公式サイト

非常に簡単に、ビットコインウォレット&ライトニングウォレット利用できます。iOS&アンドロイド両方利用できるスマホBTCウォレットです。

ただ、ビットコインウォレットとライトニングウォレットはまったく別物として扱われているので、ここをまたいで使うことはBlueWalletだけではできません。

ステップ2・パソコンにChrome拡張機能Bitlumをインストール

https://bitlum.io/

Bitlum公式サイト

今日の肝です。もうこれさえChromeに機能として利用してしまえば、それでほぼ解決です。

ただ、何度も言いますが、メジャーなアプリケーションではないです。オープンソースといえどもパソコンのChrome拡張機能してインストールします。それに抵抗ある方はやめましょう。

そしてベータ版です。

ステップ3・Bitlumに入金してビットコインウォレットorライトニングウォレットに送金

あとは、Bitlumにビットコインを入金します。入金された時点で、ライトニングウォレットにもビットコインウォレットにも送金できるようになっています。ここがすごい。

BlueWalletは、そこが完全にわかれていてBTCとETHみたいに別物として管理するようになっています。しかし、Bitlum内では、一つです。ライトニングネットワークにも普段のビットコインにも送金できます。

Bitlum入金もライトニングからOK

ライトニングネットワーク経由でBitlumに入金し、普通のビットコインウォレットに出金も可。

ビットコインウォレットからBitlumに入金し、ライトニングウォレットに出金も可。

ライトニングウォレットはちゃんと別で用意しておこう

実は、Bitlumがこれだけ便利だと、ステップ1のウォレットいらないんじゃないかと思えてきます。しかし、それはよくありません。必ずライトニングウォレットは確保しておきましょう。

Bitlumで長期で保管せずウォレットへ。

もちろん稼働したばかりだとかもあるのですが、バックアップ機能がありません。Chrome拡張で利用できるイーサリアムのメタマスクもバックアップ可能ですし、秘密鍵のエクスポートも可能です。

そこを考えると、バックアップがとれるBlueWalletのほうがまだ安全だと思います。

なんどもいいますが、必ず少額でやりましょう。

そして、これでTwitterなどでライトニングネットワーク経由でsatoshiもらえたあと、ライトニングから取り出せない問題が解決です。そのままbitlumなどに送金してビットコインウォレットに移したり、ある程度額が貯まるまではBlueWalletで保管するなどライトニングネットワークライフの幅が広がります。

BlueWallet利用でスマホだけで完結することも可能

さらに、実はBlueWalletの中にブラウザがボタンがついておりまして、そこから飛べるようになっているのですが、(普通のスマホやデスクトップのブラウザでもいけます)

Bitlumが運営しているライトニング取引所「Zigzag」というのがあります。

Zigzag公式サイト

これを利用すると、スマホだけでBTC→ライトニング、ライトニング→BTCもできてしまいます。少し癖があるので使い方は別途記事を書きます。

こちらの記事からどうぞ↓↓

Zigzag使えばそこでライトニングBTCと普通のBTC(なんて呼び分けてるんだろ笑)を交換できます(手数料あり)。ただ、めんどくさいです。2019年3月現在オススメできるアプリケーションではありません。

かならず少額でやること&注意点

何度も書きます。

かならず少額でやりましょう。

スマホが爆発することはありませんが、メインネットになったばかりであったり、ベータ版であったり、メジャーでなかったり、不安要素はたくさんあります。

ただ、実は仮想通貨界隈のアプリケーションのほとんどは、似たようなものです。今回紹介するアプリケーションに限ったことではありません。なので、一歩踏み出して触ってみるのも面白いかもしれません。

ビットコインウォレットに送金するのは当たり前だけど手数料が6000satoshiくらいかかる

超少額送金ができるライトニングネットワークで考えると、ここで6000satoshiというのはかなりでかい手数料ですが、そこは仕方ありません。
ライトニングウォレット同士の送金は1〜2satoshiくらいです。

ライトニングウォレットとビットコインウォレット行き来のまとめ

なんども気をつけましょう。と書きましたが、でも触るのは楽しいです。今の所パソコンもスマホも爆発していません。

今後、Bitlumみたくバックグラウンドで勝手に計算してくれるようになるのでしょうか。デポジットありきですが、それはそれでいいのではないかと少し思います。そういうネットワーク層があって、トラストがグラデーションで機能していけばよいと思います。

少額でやりましょう。

ありがとうございました。

スマホアプリとビットコインでETFに投資ができるようになるみたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください