副業としての仮想通貨

ビットコイン・今後はポイントと交換できるデジタルマネーへ

こんにちは、アオムーです。

世の中に既に出回っている「ポイント」と、ビットコインなどが交換できる。

って、世界が大きく前進しています。

各取引所が同じタイミングで、

ポイント系のニュースを出してきました。

この現象といいますか流れを考えると、

仮想通貨のリブランディング」なのかなぁ。って感じています。

ポイントサイトで仮想通貨を貯めて使う時代

まったく新しい得体の知れないお金もどき」ではなく、「既存の世に流通しているポイントの延長線上」という方向に。

仮想通貨取引所のポイント系ニュース

立て続けに、ポイントと仮想通貨を交換する。

多分、金融庁がはっきりとした方向性を、示したとかグレーではなくOKになったとか。

まずは。コインデスクジャパンの記事から。

コインチェック、bitFlyer、ディーカレット……ポイント・電子マネーと仮想通貨の交換サービス続々

ビットフライヤー→Tポイント

取引所で1番取引高のあるビットフライヤーと、ポイントといえばツタヤのTポイントでしょ状態の「Tポイント」が、交換といいますか、

Tポイントで、ビットコインを購入できる

ってことですね。

Tポイントを利用して買い物できたり、何かにチャージできたりもするんですかね?

その選択肢の中に「ビットコイン」が含まれたわけです。

現金化するにもわりと簡単な動線だし、ビットコインが投資商品的な位置付けになっているとしたら、

Tポイントを、ビットコインという投資商品に簡単に交換できます。

って、流れができました。そして何より、

ああ、ビットコインってTポイントと交換できるんだ。っていうのは、頭の中で同じ括りになひますよね?笑

それすごい大事なことだと思います。

コインチェックはアンケート回答で交換

コインチェックは、マクロミルモニタというサイトと提携。

マクロミルモニタが、アンケートに答えてポイントを貰える、みたいなサイトで、

そこで「コインチェックアンケート」を実施。

答えるとポイントもらえて、それを仮想通貨に交換できます。

完全にポイ活ですね。

ディーカレットは電子マネーとしてチャージ可能

ディーカレットに関しては、逆のイメージといいますか、

ビットコインを手に入れることができる。じゃなくて、ビットコインを電子マネーとして使える。

って、流れです。

既にビットコインを持っている人に対して、そのビットコインを銀行とか出金とか、面倒な部分飛ばして、ポイントとして使えますよ。と。

チャージする段階で、日本円換算になってしまうので、真の意味での「仮想通貨チャージ」ではないのですが、

それでも、利便性は大幅に上がりますし、

ディーカレットを利用する価値になりますこれだけでも。

TAOTAOの今後の戦略が気になる

よくも悪くも、

ディーカレット」と「TAOTAO」が、ゲームチェンジャーになる可能性が高いです。

既存の為替や証券やっていた大御所たちがひっくり返そうとしていますが、

勢力図はちとわかりません。

TAOTAOは、ヤフーの子会社が40パーセント株式を保有しています。

なので、例えば「ヤフーカード」、さらには「PayPay」なんかと、連携あるんじゃないの??とか、期待させられちゃいます。

PayPayにチャージできる。ってなった場合、メイン仮想通貨取引所を、TAOTAOにしてもいいかなぁくらいのインパクトがあると思います。

そしてLINEの関連会社LVC株式会社も「仮想通貨交換業者登録のお知らせ

を、出しました。

LINEペイ(=゚ω゚)

も、そうですし、変な話プラットフォームから外に出すことをしなければ、それはただのポイントなので、

ビットコインでLINEにチャージして、中で自由にやり取り。って流れも見えます。

続々と。

仮想通貨とポイントと電子マネーまとめ

仮想通貨は、ポイントであり、電子マネーであり、暗号資産である。

全然別の世界だと思っていた、ビットコインが意外と身近なものなんだな。

って思えるようになったらこれは価値があるし、勝ちだし、

まあ、CMも打ちやすいですよね笑

ディーカレット系で、スイカのキャラとビットコイン早く並ばないかなぁ笑

最後までお読みいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください