情報共有コミュニティ

ユニスワップやパンケーキでエラーが出てスワップできないときの対処方法

こんにちは、アオムーです。

DeFi!!活発ですよね。

なんで活発に取引されているかというと、

「儲かるんじゃね?っていう魅力ですよね」

実際に儲かってる人は半分もいないかもしれませんが。

そんな中で、いろんなブログやYou Tubeみて、よし乗り込もう!!って乗り込んだはいいけれど、なんか上手に使えない!!ってこと多々ありますよね。

僕なんか、怖くてあんまりチェーンまたいでメタマスク使おうなんて思わないですが、

みんなノリノリで乗り込むんですよね、すごい。

で、LINEオープンチャットなどで本当にたくさん、うまくスワップできないです!って相談を受けます。

ほんと多いです。

ということで、今回はそんな迷子なユニスワッパーやパンケーキ職人の助けになればいいなぁってことで記事を書きます。

目次

そもそのUNISWAP&パンケーキスワップはトークンを交換するところ

そもそも「SWAP(スワップ)」ってなんですか?って話で。

ここわからず使ってる人も正直いるっぽいんですよね。

すごいけどw

スワップ

スワップとは仮想通貨同士を交換するところです。

大事なことです。

ほんと大事です。

ユニスワップはイーサリアムチェーンのトークン(ERC20規格)同士を交換する仕組み(プロトコル)

で、まずユニスワップ(UNISWAP)はイーサリアムというブロックチェーン上で稼働する仮想通貨(トークン)同士を交換するサービスです。

パンケーキスワップ(PancakeSwap)はバイナンススマートチェーンのトークン(BEP20規格)を交換するサービス

バイナンススマートチェーンという、イーサリアムをベースに作られたブロックチェーンで、

名前の通り「バイナンス」のBNBがガスとして活躍するチェーンです。

チェーンが違う同士は基本互換性がありません

イーサリアムチェーンとバイナンススマートチェーンは、互換性がありません。

互換性がないといいますか、イーサリアムのトークンとバイナンススマートチェーンのトークンは交換できません。

「え、バイナンスなどの取引所では交換できますよ?」

はい、それは仮想通貨取引所が両方のトークンの在庫を保有していて、バックヤードで交換してるふうに対応してくれているのです。

ビットコインとイーサリアムもトレードできますし、BTCとXRPもトレードできますよね?取引所だと。

それは、取引所が例えばビットコインをビットコインブロックチェーンで受け取って、XRPを渡してくれているだけなんです。

2021年初夏。現状チェーンが違うと基本交換できませんし、トークンが行ったりきたりもできません(ニアイコールで、できなくもないけど、わからんうちは手を出さない)

一番最初に確認することは、

保有してるトークンはユニスワップで交換できるトークンなのか?パンケーキスワップで交換できるトークンなのか?

非常に大事です。

大事なポイント

スワップが使えない!!って以前に、そもそもチェーンあってる?要確認

バイナンスのUSDTチェーン選択

バイナンスでUSDT(テザー)を出金するときのネットワーク選択画面です。

  • BEP2(バイナンスチェーン、ええBinanceDEX用ですよ)
  • BEP20(バイナンススマートチェーン、パンケーキスワップやBSCはこれ)
  • ERC20(イーサリアム、ユニスワップや寿司、など)
  • TRC20(TRX。ジャスティンサン。)

この記事で言えば。ERC20かBEP20(BSC)なんですけど、例えばこれを間違えると二度と取り戻せない可能性が非常に高いです。

気をつけて。

メタマスクというサービスがイーサリアムとバイナンスマートチェーン(BSC)を切り替えられるからさらにややこしい

イーサリアム用のウォレットとして非常に有名で、長い年月活躍しているアプリ。

基本的にはWEBブラウザの拡張機能として使われます。

イーサリアムのトークン(ETHやUNI、DAI、ERC20のトークン)を保管するために使われていましたし、

最近ではWEB3.0(イーサリアムネットワークを利用するサービス)へのアクセスとしてメタマスクを使うことが非常に多くなっています。

ユニスワップ使うときなんかはメタマスクでウォレットを接続させる

スマホ版もPCでのウェブブラウザ拡張機能版もあります。

ぜひ、イーサリアムを触るのであれば使ってみてください。

メタマスク、イーサリアム専用じゃなくBSCにも接続可能

なんてこったい。

ここがややこしいの頂点。

つらたにえん。

 詳しくはこちらの記事に書きましたが、メタマスクで接続するチェーンの切り替えが可能です。

こんな感じ。

Ethereum Networkから切り替えます。(BSCなど使う場合はカスタムネットワークで新規登録が必要なので気をつけてください。)

イーサリアム専用だと思っていたウォレットアプリが、バイナンススマートチェーンでも使えるという。

だからといって、他のチェーンのやつも使えるかといえば使えません。例えばSOLANAチェーンとか。

SOLANAはイーサリアムより高速で手数料が安いやつで、イーサリアムとまた別のチェーンですが、これはメタマスクで利用できません。

なぜか。

なぜかというと、バイナンススマートチェーンが、イーサリアムをコピーして作られているからです。

イーサリアムをコピーして作られているで、今までイーサリアムのために作られていたアプリケーションをちょっと設定変えるだけで、使えるようにできたわけです。

さすがコピー。

繰り返し注意!!

まず上手に使えないなって思ったらチェーンの確認をしよう

ユニスワップはERC20でパンケーキスワップはBEP20

ここ気をつけてください!!

ここ一番大事!

なんども繰り返します!ここ大事!!

実際にユニスワップやパンケーキスワップが使えない場合にまずやること

え!!なんでできないの!!このビッグウェーブに乗れないの!!

あせる!!

とにかくスワップできない!!

スワップができないときの確認リスト

  • イーサリアム、BSC、SOLANA、チェーンはあっているか?
  • ガス(ETH、BNB、SOL)はウォレットの中にあるか?
  • スリッページの設定は適切か
  • ガス代は適切か
  • アプリを再び立ち上げてみる
  • スマホ&PCを再起動してみる
  • PCのキャッシュを消去してっみる
  • デバイス(PCからスマホ)を変えてみる

はい、こんな感じです。

基本、発展途上の分野のアプリケーションです。

とにもかくにも不安定。

落ちることはしょっちゅうだし、接続できないとか日常です。

なので慌てず。

パソコンのほうがまだ安定している

んー、できればユニスワップやパンケーキスワップへは、できれば、できればPCから接続したほうがいいと思います。

まだ安定している印象だし、

だいたい困ってます。って人はスマホでやってます。

できればPC

スマホは不安定。

自分の持ってるトークン、触ってるウォレット、チェーンは正しいか

まずここの確認。

とくに、バイナンス経由の人が多いのかな?

バイナンスから出金するとき最大限注意する

  • ユニスワップはERC20
  • パンケーキスワップはBEP20(BSC)

はい、まずここを間違えないように!!最大限注意!!

ガス代はウォレットの中に十分あるか

ツイッターや、You Tubeや、ブログなどで、

DeFiは儲かる。スワップを使うと儲かる。

なんて情報をみて始めた人もたくさんいると思います。

ただ、第一条件として、

「ある程度の軍資金が必要です」

なぜなら、軍資金がないと手数料負けすることが多いからです。

SOLANAのRaydiumなんかは、一回の手数料が1円以下くらいかな?

と、手数料安くスワップ使えますし、もちろんファーミングも可能なのですが。

イーサリアムやBSCなどは、基本ある程度の手数料が必要です。

そして、できれば大きな金額でやらないと手数料負けします。

ユニスワップではETH、パンケーキスワップではBNB(BEP20)がガス代として必要

ガス代とは一回の取引(トランザクション)でかかる手数料

はい、ブロックチェーンは何をするにも手数料がかかるのです。

使うにはまず手数料をウォレットに振り込みましょう。

他のトークンを振り込むのはその後です。

とにもかくにも、ETHとBNBをウォレットに入れましょう。

スリッページの設定は適切か

スリッページとは、

ユニスワップやパンケーキスワップで取引(トークン交換)するときに、

表示された金額と実際に取引される金額がずれるときがあります。

金額がすべるといいますか。

1ETHと3000DAIを交換しようとしたけど、1ETH2950DAIになっちゃうとか。

急激な価格変動や流動性が不足していると価格がずれる

で、その価格のずれをどこまで許容するかっていうのが、

「スリッページです」

え、「そんなの狭いほうがいいじゃん」

はい、当たりまえです。

しかし、許容する価格範囲が狭いと、交換できずに弾かれることが多くなります。

スワップエラーメッセージのほとんどがスリッページ

はい、ほとんどこれです。

とくに、草コイン、犬コイン、誰も持ってないようなコイン、

ユニスワップで上場してるだけのコイン。

などは。スリッページ50%くらいに上げるらしいです(伝聞)

ファイト。

この記事にたどり着いた人の多くがここだと思うので、

スリッページについてはまた別の記事を書きます。

だいだいこれで解決

SWAPができないときはスリッページを5〜50%にしよう

トランザクションのガス代は適切か

https://etherscan.io/

イーサリアムのトランザクションを見ることができるイーサスキャン

https://bscscan.com/

バイナンススマートチェーンのエクスプローラーBSCスキャン

例えばこんなページで、

イーサスキャンですが

現状どれくらいのガス代が適切かを表示してくれます。

こんでるときはガス代が高くて、空いてるときはガス代が安いです。

で、ユニスワップ利用だと、だいたいこれくらいですよ。って金額も書いてあるので、

ここらへんの数字も参考にしながら、

上手にトランザクションを通すといいと思います。

最近のウォレットは自動で適切な金額に調整してくれるので、

さらにそこから少し増やしたり、懐具合とタイミングと相談してガス代を上手に設定しましょう。

アプリやデバイスの不具合の可能性もある

最初にも書きましたが、

とにもかくにも不安定です。

アプリもサービスも。

なので、ガス代やスリッページ以前に、

スマホ再起動や、ブラウザ再起動など、

そっちをやったほうがいい場合もあります。

そもそもユニスワップやパンケーキスワップに接続されない。場合など

スマホアプリを立ち上げ直してみる

PC&スマホ自体を再起動してみる

ここらへんやってみましょう!

デバイスのキャッシュを消去してみる

難しいわけじゃないですが、

まあうまくググって消去してみよう!ってやつです。

PCのスピードが落ちたり、スマホのLINEがもっさりしてたり、

結構頻繁にキャッシュ消去ってやります。

キャッシュって、過去のトランザクションを記憶しといて次稼働するときにスピードアップするみたいな役割があるのですが、まあたまり過ぎるともっさりです。

仮想通貨とかDeFiとか関係なく、キャッシュ消去知っておくと結構便利です。

変なの消さないようにね!!w

大事なデータ消しちゃうことあるので、慎重に。

デバイスを変えてみる&常に複数台で運用する

これ、書いてて思いましたが、すごい大事です。

ウォレットやサービス、常に複数台で管理しましょう。

PCやスマホ、タブレット。

ウォレットなんかはバックアップの意味合いもあります。

そして、エラーが出たときも、

非常に安心感があります。

なるべく2台以上で運用しましょう。

めっちゃ大事

ウォレットなどはバックアップで複数台で運用しよう!

エラーがあったときなども非常にリカバリーが楽です。

困ったら落ち着いて再起動して手順を確認

はい、困ったら落ち着きましょう。

そして考えましょう。

そのクソコイン、購入する必要ありますか?

優しいDeFiの神様がわざと弾いてくれている可能性はありませんか?

ユニスワップで、パンケーキスワップでどうしても交換しなきゃいけないトークンですか??

弾かれたら冷静に考えて、

ゆっくりもう一度最初から手順を試してみましょう。

このページに書いてあることをやればだいだい解決できます。

まずは落ち着いて。

トークンが表示されてない!!って騒ぐ前にカスタムトークンを確認したり。

やれることはたくさんあります。

そして、再三申してますが、「基本不安定」です。

エラーがでるものです。

気をつけて。お金なくさないように。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください