メタマスクのパソコン版始め方・クローム拡張に追加してDeFiクエストスタート

こんにちは、あおむです。

エアドロップ(Airdrop)。

給付金クエスト。

DeFiお触り…

ツイッター(仮想通貨の聖地)でそんな文言見かけませんか?

「一撃50000ドル!」

みたいなやつ。

それに参加するには、

DeFi(お金配ってくれる仮想通貨のサービス的なもの)にアクセスする「ウォレット」が必要です。

で、一番大きなパイは「イーサリアム(ETH/日本の取引所にもある)」

イーサリアムの代表的なウォレット=メタマスク!!

メタマスクを入手して、

WEB3の広大な海にダイブしよう。

WEB3のインセンティブを得たいならパソコンでメタマスクを触ろう

インセンティブ=お金!!

そう、

なぜか仮想通貨の世界は、

新しいプロジェクト(プロダクト・新商品)が誕生して、

早めにソレを利用すると、

「君はいち早く、プロジェクトのコミュニティに貢献してくれた。ありがとうブラザー」

と、インセンティブとして仮想通貨(トークン)が貰える。

それを売ると(売らなくてもいいのだけど)

100ドルとか、1000ドルとか、10000ドルとか、

(もうこの時点でおかしいのだが)

100000ドルとか貰えたりする。

おかしい。

これが、

\\仮想通貨お触り給付金活動//

これに参加するのに必要な

メタマスク!!

これがPC版とスマホ版で大きく使い勝手が違いまして、

(ある程度やろうと思えばスマホだけでも行ける、が)

パソコン版を推奨しております。

メタマスクならみんな使ってるから困ったとき対処しやすい

ブロックチェーン(WEB3サービス)にアクセスするウォレットは、実はたくさんの種類があります。

なので、メタマスクじゃなくてもおkです。

が、とにかく一番有名でキャリアも長く

一番信頼されています。()そう、仮想通貨はすぐ盗まれる。あんまりマイナーな新しいやつ使うのはとても心配。

ということで、仮想通貨始めたばかりなら、メタマスク一択かなぁって思います。

メタマスク(PC版)とはクローム拡張機能なのでブラウザに追加して使う

パソコンのWEBブラウザ(Chrome、ブレイブ等)の説明は省きます。

「パソコンでYou Tubeみたりyahooみたりするとき使うやつ」です・

そこに拡張機能として「メタマスク・METAMASK」を追加します。

メタマスクのサイトへ行ってダウンロード&インストール

メタマスクのサイト

ちなみにツイッター。

(メタマスクは偽物たくさんいるから気をつけてね)

  • メタマスクのサイトでメタマスクゲット
  • 以上

これだけです。

ブラウザはChromeかBraveでいいと思う

全部試したわけじゃないのですが、

Chromeブラウザがベースになってるので、Chromeが一番いいんじゃないかなって思いますみんな使ってるし。

メアマスクサイトでダウンロードボタンクリック

「Download」

探す。

ホームの右上と画面中央くらいにある。

クリック!!

クロームウェブストアに飛びます

(このページは情報が更新されているかもなので、多少デザインが違う場合あり)

ただ、大切なのは一つだけ・

「Chromeに追加」

ここだけ。

ここクリック。

セキュリティ注意事項言われるけどOKしないと冒険はここで終わり

追加していいの?ダイジョブ?

って心配してくれます。

「拡張機能を追加」

をクリックしたら進みます。

キャンセルクリックで、ここで追われます。引き返すなら今です。

メタマスクへようこそ!

クローム拡張機能追加成功!!

ここからはセッティングです。

  • パソコンで使うとき用にパスワードを設定する
  • ウォレットのバックアップをしっかり保管する

この2つ。とても大事。

ここがメタマスクの始め方。の最重要ポイントです。

新しくウォレットつくるか他からウォレットもってくるか

ウォレットもってない前提なので、

右のセットアップを始めましょう!

「ウォレットの作成」

をクリック。

ちなみに、さきほど書いたバックアップがあると、左の「ウォレットインポート」が使えて、自分の資産を復元できます。

こういう画面がでると思いますので、同意したりしなかったり。

パスワードの設定(パソコンで使う用)

パソコンでメタマスクを開くとき(ログインで検索する人が多いのでログインと表現されることが多い)

アンロックともいいますが、

必要になるパスワード。

50桁くらいの複雑なやつにしてます、ぼくは。

  • 新しいパスワード
  • パスワードの確認(上と同じパスワード入力)

2回、同じパスワード入力して、

利用規約にチェック。

「作成」

クリック。

シードフレーズをバックアップ

「シードフレーズをダウンロードして、外部の暗号化されたハードウェアドライブに安全に保管してください」

っていうくらい大事なものです。

自分しか知らない12(24)の文字列を他人に知られるとお金がなくなる

12個の英単語(たまに24個、たまにひらがな)がシードフレーズというもので、

これがあると、現在作成しているウォレットを復元できます。

ということは、他人がこのフレーズを知ると他のパソコンで復元できて、

資産を盗めるということです。

気をつけて。

多くの人が。DMなどでこのフレーズを他人に伝え(フィッシング)お金をなくしています。

厳重にバックアップ。

12個の英単語を、安全なところに保管すると、

本当にバックアップ取ったなら、正しく入力してみ!!

って試されます。

バックアップしたフレーズを入力。

メタマスクセットアップ完了!おめでとう

はい。

おめでとう。

これでパソコンWEBブラウザに拡張機能として追加されました。

おまけ・拡張機能(キツネ)をブラウザ右上に表示させよう

右上のタブのところにいてほしいキツネマーク(使うの楽)

拡張機能管理ボタン(パズルのピースみたいな右上のマーク)をクリックすると、

キツネマーク・METAMASK・ピンマーク

が出現すると思います。

ピンマークをクリック。

こうすると、

メタマスクのボタン(キツネマーク)が出現。

WEB3サービスに接続が簡単に。

パスワードを入力してウォレットを開く

あとは、さきほど設定したウォレットのパスワードを入力して

ウォレットをアンロック(ログイン).

ブラウザ右上のキツネマークをクリックするとポップアップで、メタマスクが出現。(英語か日本語設定もできる)

WELCOME BACK!!

パスワードを入力。

UNLOCK

はい、こんな感じで開けました。

あとは、

国内仮想通貨取引所(自分のアカウントありますよね?)

からETH(イーサリアム)を送金して、ウォレットにETHを入れます。

\\クエストスタート準備完了//

したの記事読むと、今度は送金編に続きます・

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください