情報共有コミュニティ

バイナンス・仮想通貨情報サイトCMCを買収

こんにちは、アオムーです。

バイナンスがコインマーケットキャップを買収しました。

すごい知名度が高く多くの人が観ているんだけど、本当に信用していいのかよくわからなかったコインマーケットキャップ笑

バイナンスが買収したことにより、

より使いやすく信頼度が増すのか。

いやー、バイナンスの動きすごいですね。さらに、マイニングプール運営するみたな情報も出てたし。

コインマーケットキャップは仮想通貨時価総額とか情報サイト

https://coinmarketcap.com/6/

仮想通貨の種類今、どれくらいあるかご存知ですか?

多分正確な数字は出てこいないと思いますが、というか結局仮想通貨とはなんぞやみたいな基準が明確に無い気もするし。

コインマーケットキャップに掲載されている仮想通貨の種類でいいますと、

5296です、(2020年4月3日現在)

この5000種類の仮想通貨の時価総額ランキングなど様々な情報を掲載しているのが、コインマーケットキャップ。

なんとなく、アルトコイン探すときなんか時価総額ランキングみますよね?

仮想通貨時価総額ランキングを確認して情報を集めよう

500位くらいの草コインになってきますと、

Bitcoin Free Cash(=゚ω゚)などあります。

公式サイトで英語読んだり、Twitterでアクセスしたり、コインマーケットキャップみたいな仮想通貨情報サイトからきっかけを掴んだり。

いろいろ調べる足がかりになります。

バイナンスがコインマーケットキャップを買収

https://blog.coinmarketcap.com/2020/04/02/binance-and-coinmarketcap-announce-acquisition-to-collectively-make-cryptocurrency-more-accessible-for-everyone/

Binance and CoinMarketCap Announce Acquisition to Collectively Make Cryptocurrency More Accessible for Everyone

CMC(コインマーケットキャップ)のブログで発表がありました。

数日前から情報は流れていましたが、

正式に発表されました。

急に課金システムとか始めないし、

独立して運営するし、これからもするし。

すごい事前にリークといいますか、情報合戦でいろいろ言われたみたいです。

ただ、これからもより良い情報サイトとして独立して運営していくよ。って話らしいです。

ここで気になるのが、バイナンスのBNB。

バイナンスのBNBは情報サイトとして公平に扱われるのか問題

仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップ。

しかも仮想通貨プロジェクトのスコア(格付け)みたいなこともやっていますバイナンス。

「そこらへんの公平性どーなのよ?」

みたいな話ですん。

コインマーケットキャップには、Ratingってページがあります。

例えばXTZ(テゾス)のページです。

https://coinmarketcap.com/currencies/tezos/ratings/

こんな風に仮想通貨を評価していたり。

なんか、こんな情報も得られます。

またビットコインが上昇してくれば、アルトコインシーズンも来るでしょうし、目を通しておくのも良いかもしれません。

バイナンスの買収でより良いサイトになることを期待

アルトコインのブームがある程度落ち着きまして、

結局残るコインはこれだよなー的な、ブロックチェーン的な話に今現在は落ち着きつつありますが、

またいつかトークンブームはくると思っております。

基本的にトークンというインセンティブが無い限りパブリックなプラットフォームは成り立たないと思っているので。

それがまたくるときに、

コインマーケットキャップみたいな情報サイトがうまく機能してくれればいいし、例えばインスタグラムでオススメされたトークン(仮想通貨)があったらまず

コインマーケットキャップで検索してみましょう。

多分出てこないか、めっちゃ下位です。

気をつけましょう。クリプトワールド。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください