情報共有コミュニティ

仮想通貨取引所と販売所の違い

こんにちは、アオムーです。

ビットコインや、イーサリアム、XRPやNEMを購入したり売却したりするには、

日本の仮想通貨取引所(暗号資産取引所)に口座を開設し、取引をします。

暗号資産取引所は、国内に20以上あります。で、免許制になっていて、

国内で暗号資産取引業を行うには、

「暗号資産交換業」に登録しなければなりません。金融庁案件。

暗号資産交換業者一覧

合計24社登録されています。

この一覧に並んでいる暗号資産取引所に登録、口座開設してビットコインなどを売買します。

大きくわけて暗号通貨の取引方法は2つ・販売所と取引所

ということで、暗号資産取引所でのビットコインなどの購入方法(売却方法)には、大きくわけて2種類あります。

  • 取引所
  • 販売所

この2つです。

一長一短っぽく語られますが、慣れてきたら「取引所」一択です。

ざっくり特徴を説明しますと、

取引所

買値と売値の差(スプレッド)が狭く、取引手数料を取られることが多いです。

販売所

買値と売値の差(スプレッド)が広く、取引手数料を取られないことが多いです。

仮想通貨販売所は買値売値を取引所が決める

販売所って場所というより、

「売買方法」

って感じです。

たとえばビットフライラーアプリ

上段にタブがあって、

  • 販売所
  • 取引所
  • lightning

と、あります。

非常にわかりやすく取引所と販売所がわかれています。

ビットフライヤーの販売所

ビットコインやその他アルトコイン(ビットコイン以外)を売買することができます。

買値と売値の差をみてみる

で、買値と売値の差です。

人気の高いXRPで見てみましょう。

だいたい25.8円。って表示されています。

下に、「買う」「売る」がありますよね。そこクリック。

買う。

26.8円アバウト。

この価格は取引所(ビットフライヤー)が決めています。

で、つぎ売り。

XRP24.6円。

2.2円の差です。価格が24円なので、買値売値の差9%くらいですか(=゚ω゚)?

でかい。

買った瞬間に26.8.円で売ったら24.6円です。

結構9%上がるって大変なもんで。

すくなくとも、デイトレ(1日で何度もトレードする短期トレード)は無理です。

メリットは、すごい注文が楽なところ。すぐ買えます。価格とか気にしないで笑

それでもよければよい選択かもしれません。

よく言われるのは初心者向け

簡単に、欲しいビットコインの枚数を入力するだけで買えます。

ほんと簡単です。

なので、初心者向け。なんて言われますが、うーむ。初心者ほど価格の変動であわてて売買するので、

むしろトレードするたびにめっちゃ損したりします。

簡単ですが、正直あまりオススメはしません。仮想通貨取引所の販売所という購入方法。

客同士が売買する板取引・取引所

で、なるべくこっちでトレードしよう!ってのが取引所ってやつです。

デメリットは操作が少し難しい。

買いたい価格入力したり、その入力した価格が板のようにならんだり。

ちなみに、ビットフライヤーは

「取引所」形式でトレードできる通貨ペアはBTC/JPYのみです。

(実際はさらに高性能取引所ビットフライヤーライトニングというところでETH現物やBTCFXができます。タブ一番右)

はい、急にちょっと複雑。

やり方はいたって簡単。

「数量」「価格」を入力して買う!売る!です。

で、だいたい表示されてる数字クリックすると、その数字がメニューに反映されます。

買いたい人と売りたい人が希望を並べてる板取引

上の赤い文字がビットコインを売りたい人の希望入札。

下の緑の文字はビットコインを買いたい人の希望入札。

たとえば赤(売りたい人)の一番下が現在一番良い条件の人。

1072778円で0.15BTCを売りたい人

買いたい人の一番上は、

1072042円で0.05BTCで買いたい人。

そして、大事なポイント。

買いたい人と売りたい人の差がこのタイミングで700円だということ。

この700円というのは、先程のXRPでいうと9%のところ。

700円の差というと、

10万円で10%、1万円で1%。1000円で0.1%。ということで0.07%くらいです。

で、この0.07%のスプレッド(価格差)に0.1%(高くて)くらいの手数料がかかります。

ということで、取引所売買方法のほうが断然安いですよね。

取引所、板取引はデイトレード。短期間トレードも可能です。

こちらは、確かに指定しなければならない数字が多いですし、注文した瞬間に約定(注文確定)しないので、

なにか思い通りにいかないなぁって感じます。

自分が出した希望を誰かが受けてくれるか、誰かの希望を自分でうける。

頻繁にトレードしたいのであれば板取引を使おう

ビットフライヤーはスマホで板取引もしくはライトニングが使えます。

コインチェックはスマホアプリでは販売所形式だけです。

ビットバンクはスマホアプリで板取引ができます。

たとえばスマホアプリでXRPの板取引ができるのは、ビットバンク。

それとzaif。

そんな感じで取引したい銘柄によって使う取引所が変わりますし。

うまく選びましょう。

ということで、

取引所と販売所の違いでした。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください