BEXAM最新記事一覧

即完売続く仮想通貨IEO(取引所トークンセール)・ICOブーム並みのトレンドに

こんにちは、仮想通貨ブロガー・アオムーです。

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)の勢いがすごいです。

バイナンスを皮切りに、Bittrex、Kucoin、Okex、Hotbit……

どこもかしこもIEO。すごいです。基本的に取引所にもトークン側にもメリットが多くあるので(購入者にあるとは言ってない)2019年はIEOの勢いこのまま続くのではないでしょうか。

結論から言いますと、IEOはとにかく簡単で楽しいです。新しい仮想通貨は取引所が選んでくれるし、取引所のアカウントで売買できるし、購入権利の当たり外れのゲーム性も高いし。

こういうクリプトブームみたいなものに乗って楽しむのは大いに有りだと思います。

第二のBNBになれるか。BEXAMのトークンモデル解説

きっかけは2019年1月のバイナンスのIEO

https://launchpad.binance.com/

IEOブームのきっかけは、バイナンスが2019年1月に実施した「BitTorrent(BTT)」のバイナンス取引所でのトークンセールでした。

バイナンスIEO2019年第三弾は記事にしました。

2018年の下降トレンドにひと段落&ICOトークンへの見解もひと段落のタイミング

バイナンスが「Binance Launchpad」という取引所内のトークンセールサービスを2019年頭に再開しました。もともと2017年の熱狂的仮想通貨ブームのときも開催されていたのですが、

そこから仮想通貨全体が下火……さらに、ICOトークン自体が証券性の問題により違法なのではないか。などと腫れ物扱いされるようになります。

そして2018年は悲しく仮想通貨市場の縮小とともに進んでいくのですが、2018年後半になってくると、ICOトークンへの風向きも少し変わってきて、バイナンスもビジネスモデルの変化を求められる状態になりました。(新規上場手数料だけでは儲からない)。

そして、2019年1月、バイナンスはIEOをしかけてきます。

ざっくりIEOとは

ここでIEO自体をおさらい。

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)とは?

まず先にICO(イニシャル・コイン・オファリング)の説明。
仮想通貨プロジェクトが、プロジェクトの運営資金を調達するために広くいろんな人にトークンを買ってもらって、お金を集める仕組みを「トークンセール(ICO)」と言います。

ICOは基本、仮想通貨プロジェクト自体が開催してお金を集めてトークンを配布していました。もちろん現在もやってます。

ICOだと取引所に上場しないことも多く信用が失墜しました

プロジェクト自体が勝手にお金集めているだけなのでICOは。そのまま持ち逃げしたり、取引所に上場してくれず売買できなかったり。

簡単に言えばICOは信用をなくしました。

取引所を間に挟めば信用度アップのトークンセール

そこで新規トークン発行するプロジェクトが取引所を活用してトークンセールを行う方法が生まれました。

これなら取引所にすぐ上場するし、取引所が一度プロジェクトを監査してる(してないかも)はずなのでICOよりは信用できます。という形で現在はIEOがとても多くなってきました。

バイナンスIEOの成功をみて他の取引所も続々参戦

そして、2019年バイナンスが開始したIEO。

BitTorrent / $BTT がICOを18分間で7.7億円を調達完了

あっという間に完売でした。バイナンスのCZという偉い人は「システムスピードの問題さえなければ秒で完売だった」とのこと。

この結果を見て、他の取引所がだまっていません。

IEOは一気に様々な取引所で行われるようになります。

BittrexとKucoinの最初のIEOトークンセールはどちらも数秒で完売|OKBトークンへユーザーが移動

IEOがこれだけ盛り上がる理由

すごい盛り上がりです。2017年のICOブームくらいニュースの数として増えて来るのではないでしょうか。なぜこんなにムーブメントを起こしているのか。いくつか理由を考えてみました。

01・みんなトークンセールを待ってた

みんな新規トークンへの投資機会を待っていたんだと思います。

あまりにも、2018年は新規トークン盛り上がりが欠けていました。やはり仮想通貨の醍醐味。まだ見ぬトークンに夢を託す。そんな、期待感みたいなものを実はみんな待っていたのではないでしょうか。

02・取引所にそのまま上場する安心感

一番大きな理由はこれだと思います。とにかく新規トークンへの安心感。かならず購入できたらそのまま取引できる安心感。

これ、すごく大きいです。信用を無くしたICOと、今流行っているIEOの違いってむしろこれしかありません。

なので、ある意味、取引所の信用でこのIEOシステムは成り立っています。

03・IEOでのトークン販売数を少なくしている

ここも重要なのですが、2017年のICOはとにかくお金を集めていました。

100億円とか。

現在のIEOは10億〜20億円くらいです。必ず完売になる量で、しかも圧倒的売り圧になるのではなく、まだまだ取引所で購入したい人が残るくらい量。そうしてその人たちは取引所で購入するので、価格も上がるのではないかと。

04・トークンセールが実施されるペース

取引所自体は数多あっていくつものIEOが実施されていますが、

1つの取引所で行われるIEO自体は月に一回とか二回とかです。

なので、過剰なペースにならないですし、いくつかの取引所に絞ればすべて追いかけられるペースであり、しかも大半は抽選で外れるので。

購入者にとってとても良いペース配分になっていると思います。

05・取引所もトークン発行主もWinWin

どこの取引所もIEOを始めるのは旨味があるからです。

自分の取引所に客が呼べること。トークンセール参加条件として、独自の取引所トークンを使ってもらうこと。

そして新しいところだと参加するための抽選に申し込むためには、取引所トークンをウォレットで保有していなきゃいけない。

など各取引所にメリットがたくさんあるビジネスになってきています。

トークン発行側はトークンセールというパッケージで新規上場できるので、上場手数料もある程度抑えられる、もしくはIEOで手数料を稼ぐことができるのではないでしょうか。

IEOも発展し取引所トークンをうまく活用したものへ

IEOに参加するには、ほぼそれぞれの取引所の独自取引所トークンの購入が必要です。

取引所はIEOで客を呼べるし、取引所トークン購入してもらえるし、今年も取引所ビジネスは無双が続くのではないでしょうか。

第二のBNBになれるか。BEXAMのトークンモデル解説

IEOは完全に商売な部分もあるはず

ひとつ気をつけなければならないのは、どんな取引所でもIEOを開催することは可能で、しかもどんなトークンでもIEOを行うことが可能です。

大事なことは、お金をしっかり払えばビジネスなので、

どんなトークンでもIEOを開催することはできます。

なので全ての取引所のIEOを信じて購入してしまうと、とんでもないトークンをつかまされる可能性もなきにしもあらずです。

見極めは大事だがIEOには可能性がたくさんある

結局、取引所を信じるのではなく、自分で見極めることが大事です。

そこはICOとなんら変わらないです。

ただ、ICOよりはまだ簡単に乗ってもいいのかな。とは思います。

ギャンブルな部分も含めて。

可能性は大いにあると思いますし、なにより2019年開催されたIEOの勝率は高いです。(IEO価格を上回るかどうか)

バイナンスがうまく仕組みを作れたんだと思います。ガチホの時代が終わったとするならば、このIEOの波に乗るのも1つの手だと思います。

IEOブームまとめ

トレンドをキャッチしてすばやく乗ると、クリプトの世界では大きく資産が跳ねることがあります。

2019年、今年もなんだかんだ取引所ビジネスは話題の中心だと思います。独自取引所トークンの勢いもあいまって。

お気に入りの取引所を探し出して、取引所トークン&IEOを平行して追っていくのよい戦略だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

2019年5月IEO予定のBEXAMトークン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください