情報共有コミュニティ

仮想通貨のチャートに線書いたりオススメトレーディングビュー

こんにちは、アオムーです。

この記事では、トレーディングビュー(tradingview)の紹介です。

結構、多くの人がこれ使ってます。

Twitterなんかで、なんか重要そうな線引いて分析してる画像なんか、

大体トレーディングビューです。

ちなみに複雑なことを期待しない限り無料で使えます。(トレードで稼げてない人は無料で十分)

トレーディングビューの機能を簡単に説明

はい、無料です。基本。

メールアドレスとかの登録は必要です。Gメールなどでサクッとつくってしまいましょう。

トレーディングビューは、

  • 世の中のトレードされている様々なチャートを表示できる
  • トレビュー(略称)を利用して色んな人が分析を上げている
  • インジケーター(分析用指標)を利用してチャートにお絵描きできる
  • あとはBOT稼働で使ったり

他にも機能ありますが、僕が使ってるのはこれくらいです。

登録してスマホアプリ使うとめっちゃ便利

↑スマホアプリ版トレーディングビューです。

とてと見やすくて簡単に操作できます。

2,011年からのビットコインチャートを見ることもできます。

ウォッチリストで色んなやつ

NI225とか日経225。(=゚ω゚)

普段使わないからわからない笑

あってた。

シンボル調べながら(BTCとかNI225)

検索すると、自分がみたいチャートに辿り着けます。

どのペアをみるかも大事です。

BTC/USDだと、いくつかの取引所が検索で出てくるので、

どの取引所のチャートみるかも大事です。

トレーディングビュー

日本語にも対応しているトレーディングビュー

とても大事。

そして、とりあえずよくわからないでしょうが使ってみましょう。

爆発したりはしないので。

トレードが日課になって稼げるようになったら有料版もあり

はい。ということでほとんどの人は無料で大丈夫です笑

ぜひ、使って見ましょう。

とくに初心者の人は、

大きな時間軸のチャートをトレーディングビューで表示してみましょう。

きっと冷静になれます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください