2010年5月22日にビットコインでピザ決済ピザday

close up photo of person holding pizza

こんにちは、あおむです。

ざっくりした知識しかないのだけど、

2010年5月22日に10000BTCとピザ2枚を交換したという話。

ピザを10年前に1万ビットコインで買った男がいま思うこと【インタビュー】

んで、この記事を書いてるのは2022年なので、

12周年。おめでとう、

ビットコインピザDAY。

10000BTCを送金して受け取った人がFiatでピザ注文

ビットコインでつながっている二人はビットコインの送受信でオケなわけだけど、

ピザ屋がビットコイン決済を受け付けてるわけもなく、

注文自体は米ドルかな?

まあそんなできごと。

こーゆー歴史にリスペクトすべきであって、

今だったらとかこまけーことはいいんだよ。

もともとそんなコミュニティから成長してるんだなぁっていうところが大事。

「ビットコイン・ピザ・デー」12周年、史上初の仮想通貨決済を振り返る

安定した価格の通貨(ステーブルコイン)とはなんぞやって時代

価格の安定ってなんだろーってことで。

「Bitcoin Pizza Day」細かい経緯と後日談…!!

ステーブルコインが安定してるって言う流れなんですけど。

もちろん、クリプトの世界のステーブルコインは安定してませんw

日本円とアメリカドルとかも、

まあ安定してるんでしょうけど。

80円から140円くらい?

決済には向いてないっていわれちゃううビットコイン。

でもまあ、日常の支払いっていうよりは、

高額決済で機能してほしーなぁって思います。

時計とか車とか高いやつビットコイン決済いいのでは

ライトニング決済(めっちゃ早くて手数料安いビットコイン送金方法)

ライトニングネットワーク

これで、日常のかいものっていうか、

普段使いできたらめっちゃ楽だなーとは思う。

そうなると、ベースが取引所ウォレットになるのかな。

さらに、ビットコインのライトニング決済のネットワークが拡大すれば、

仮想通貨取引所のウォレットから出さなくてよくね?って流れがきまして、

じゃあ他のペイメント系ウォレットもビットコインとかイーサリアムとか受け付けます?送受信できるようにします?なんてながれないですかね。

楽天ウォレットなんてすぐ対応できそうだし、

ペイペイも早そう。

でもそんなことより、

高額決済をクレジットカード使わずに、その場で払い終えることができるのがとっても楽しみ。

もちろんすでに出来上がっておりますが、

今後そんな流れも増えていくのではないでしょうか。

だってビットコインたくさん持ってる人、どう考えても金持ちなわけで、

そこからダイレクトにお金引っ張れるの、

商売として非常に大事。

結局突破口なんてどこにあるかわからない同時並行で進むイノベーション・BTC

2022年になって、価格的な相場的なことで盛り下がっている仮想通貨界。

そうなると、いろんなイメージが先行して夢が語られ、妄想が膨らみ、

予想がはかどります。

ポエム!ポエム!

仮想通貨ポエムブロガーとして、ご満悦です。

企業がビットコイン買い始めたってことで、盛り上がったり、

DeFiで盛り返したり、

STEPNがなんかとんでもなく広がったり。

どこで、きっかけがあるかわからないし、

結局だれも予想しなかったタイミングで、

新しい事柄がでてくる仮想通貨の世界。

そんな現状を楽しみながら、ピザでも食べましょう。

WEB3.0!!

言葉の曖昧さが逆に心地よく、

変に規制せずに、

遊ばせてくれたらきっとがんばれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください