副業としての仮想通貨

海外取引所トークンが熱い・2019年オススメ戦略と見極め方

こんにちは、仮想通貨ブロガー・アオムーです。

流行り廃りが激しい仮想通貨。

2019年現在、取引所が乱立しています。取引所のシステムそのものがパッケージとして販売され容易に取引所が開設できるようになったからです。

生き残るのは数%だとは思います。しかし、多くの取引所で取り入れているプロモーション戦略&運営戦略の一つ、

「取引所トークン」

は、上手に戦略を立ててトークンのメリットを享受できれば、投資としても可能性は大いにあると思います。

この記事を読むと、取引所トークン攻略の流れと特徴をつかめると思います。

海外取引所トークンとはプロモーション

海外の取引所には(国内の取引所は交換できる仮想通貨が予め決まってるから&規制面で厳しくできない)取引所トークンというものが存在します。

まず大きくわけて2つあって、一つは仮想通貨。当たり前といえば当たり前のもの。そしてもう一つは、取引所から取り出すことができないデジタルポイントみたいな制度。

どっちが良い悪いという話では無く、どちらにしろ、

取引所自体に人が集まり、取引所が盛り上がることが目的に導入されているトークンです。

取引所トークンの勝ちパターンを作ったバイナンス

https://www.binance.com/en/use-bnb

世界最大級&もっとも有名な仮想通貨取引所バイナンス/Binance

バイナンスは2017年にスタートし、規制の影響で国を移動し(2019年現在マルタ)ながら、とても速いスピードで世界最大規模の売上を上げる仮想通貨取引所です。

その、バイナンスは2017年7月にオープンし、その時点でとても流行っていたトークンセール(ICO)を活用して、トークンを発行し資金を集めました。

そのときに発行したのが、BNBです。

トータルのBNB枚数が2億枚でICOで1億枚販売されました。

このトークンが、取引所トークンブームの先駆けになったといってもいいでしょうし、このあと、たくさんの取引所トークンが生まれます。

BNBトークンの細かな話はまた別の機会に書きます。

BNBトークンは四半期に一度利益の20%が買い戻される(Burn)される

https://www.binance.com/en/use-bnb

2019年1月Burn報告

2018年10月Burn報告

こちら四半期(1月~3月、4月〜6月、7月〜9月、10月〜12月)の最初の月の2週目くらいに買い戻しが実施されています。

買い戻し額は前四半期(クオーター)の利益によって決まります。

2019年1月は940万ドルバーンされています。約10億円分です。

もちろん、売上があって、買い戻しが成り立つので、何か一つ優れているとかではないのですが、一番インパクトがあるBNBトークンの価値向上サイクルでいうと、この三ヶ月に一回起こる、BNBトークン買い戻しがとても強いです。

Binanceホワイトペーパーに全部載っています

Googleで「Binance whitepeper」と調べればでてきます。

バイナンスホワイトペーパー

こちらに、総発行枚数や、買い戻しのこと、トークンロックアップのことなど、書かれています。

これが取引所トークンの先駆けであり、もっとも成功している取引所トークンのホワイトペーパーです。

第二のBNBになれるか?BEXAMトークン

仮想通貨民はみんな第二のBNB(取引所トークン)を探している

https://coinmarketcap.com/currencies/binance-coin/

正直圧倒的に、バイナンスが強いです。

現状、ビジネスで仮想通貨を正面から動かしていて成功している分野は取引所くらいで、しかも大成功という言い方をすると、バイナンス、コインベース、ビットメックスくらいかもしれません。

すべにビジネスモデルとして確立している仮想通貨取引所

ここが絡むトークンは、他のビジネスのために一生懸命活動している仮想通貨プロジェクトより、早く売上が上がるしトークンの価値が向上する可能性が高いわけです。

そして、そこに目をつけた機動力の高い仮想通貨民が、スピードを優先して動いています。

取引所トークンで儲けるためには、初動が大事なのです。

取引所トークンで稼ぐには初動が大事

ここで注意しなければならないのは、なにしろ本当に稼働するのか。という初歩的な部分です。取引所という名前ですので、来週稼働します。といっているアドレスにお金を送金しなければならなかったりします。

なので、最初はみんな疑心暗鬼で飛び込みません。どんなエラーがあるかもわからないし。

ゴックスするかもしれない。というリスクと早く入れば利益が出るかもしれない。なので、正直、このタイミングでいうとギャンブルかもしれません。

取引所トークンのトレンドは取引マイニング型トークン&ロックアップへ

そして、今大きなトレンドは「取引所マイニング」へ移りました。

その取引所で取引すればするほど、取引所にトレードで貢献するほど、取引所トークンを貰える。

もう一つは、トークンを与えてすぐに売られるのを防ぐため、ロックアップ(ロックしてる期間はトークン動かせないですよシステム)があります。

利用者はロックアップすると、レンディングのように利子がもらえます。

トレードの貢献度でトークンを与え、ロックアップで流動性を下げます。

このトークンモデルに買い戻し(バーン)がついてる取引所があったら、いまのところ全部盛りです。

取引所が乱立している今、オープンの上昇トレンドに乗るのも一つの手

みんな、儲かることを期待して取引所トークンを手にします。

最近だと、スタートはAirDrop(ただで貰えるトークン)だけでトレードが始められたり(無料のトークンで始められるのは利用者の精神的負担が少ない)します。

ただ、出金は入金しなきゃできなかったりするのですが、それを差し引いてもスタートするハードルは下がっているのかもしれません。

さらに、取引所自体のパッケージが販売されており、取引所を始める側も以前より簡単に始めることができて、取引所が乱立しております。

なにより、

取引所をオープンしたら、最初はプロモーションをして客を呼びたいわけです。

まともに営業する気がある取引所に関しては。

取引所を見分けるポイントはトークン配布量ではなく、買い戻す気があるか

トークンというものは、実は無価値です。誰でも発行できますし、このブログを書いているアオムーもアオムーコインを発行しています。

なので、配ろうと思えばいくらでも配れるものです。

そうではなく、大事なのはそのトークンに価値があるものと認め、取引所側が買い戻す気があるかないかです。

ホワイトペーパーに書いてあるのが良いですし、実際に買い戻してくれれば一番良いです。書いててもやらないところもありますので。

なので、重要なのは、取引所側がトークンを買い戻す気があるかを、見極めることです。そして、チャートメイクをしてくれるか。

重要
取引所トークンを追うのであれば、初動の判断&取引所が買い戻す意識があるかの見極め

海外取引所の懸念点・入出金をまず確認

まず、だれも使っていないところに乗り込むわけです。

世界を変える天才が運営してる可能性もありますし、世紀の極悪人が運営している可能性もあります。

なるべく最初は少額でやる

もちろん、頭でたくさん突っ込んだ人が増やせるゲームでもあります。

しかし、そんな勝ちが何度も続くことはあまりなく、どちらかといえばなるべく負けないことが大事です。

ポンジスキーム系も最初の少額は出金できますが、二度目の高額出金から取り出せなくなったりします。

負けないように、判断を間違えないように、少額で攻めましょう。

入金&出金がうまくできるかを確認しよう

重ねて指摘になりますが、とくに出金です。必ず確認しましょう。

実は、出金手数料がとても高かったり、出金最低額が高かったりなどトラップがあります。要確認です。

生き残る取引所トークンは一握りだと肝に銘じる

真面目なプロジェクトだって、儲からなければ終わります。不真面目なプロジェクトは儲かったらいなくなります。

そんなに取引所がたくさんあっても一つの取引所が儲かる分が減るだけでそのうち淘汰されます。

判断を迫られるタイミングは必ずきます。

合言葉は「なるべく早くインして、なるべく早くアウト」です。

海外取引所トークンまとめ

一番簡単な見分け方は、取引所がたくさんトークンを配るか(トークン配当率)ではなく、どれだけ買い戻すかです(バーン率)。

もちろん、言ってもやらないところなんて山のようにあります。

ただ、そもそも言ってないところはやりません。

そこらへんの情報をしっかり把握して乗り込んでみるもの良いかもしれません。お読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もオススメです↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください