取引所トークンとは・配当や割引あり&FTXにはインデックス

こんにちは、アオムーです。

取引所トークンみなさま、蓄えてますか?

たくわえてますか?がピッタリなトークンなんですけど。

なぜなら仮想通貨取引所の取引所トークンは、

だいたい、

「取引所を利用する際、保有しているとメリットがある」

からです。

結論から言いますと、利用する仮想通貨取引所、期待する取引所の取引所トークンに関しては保有するのはありだと思います。

トークンとは仮想通貨のことです

一応そもそもの話ですが、

取引所トークンの、「トークン」は仮想通貨です。

様々なブロックチェーンを利用して発行された仮想通貨です。

  • ビットコインブロックチェーンを利用して発行された仮想通貨→BTC
  • イーサリアムブロックチェーン→ETH
  • SOLANAブロックチェーン→SOL
  • Polkadot→DOT
  • Binanceチェーン→BNB

などなど。もういくらでも出てきます。

ビットコインをトークンて呼ぶことはほとんどないんですけど、もうざっくりクリプトカレンシー=仮想通貨=トークンは、同義語でいいと思います。

その中で、仮想通貨取引所がブロックチェーンを活用して発行したトークンを「取引所トークン」と言います。

取引所トークンとは仮想通貨取引所が独自に発行しているトークン

仮想通貨取引所が独自に発行しているトークン→取引所トークン

バイナンスのBNBトークンや、FTXのFTTトークンなど、

だいたい取引所は独自に取引所トークンを発行しています。

取引所トークンを保有していると手数料の割引など特典がある

これですね。これが非常に大きいです。

どこの取引所も、

その仮想通貨取引所のトークンを持っていると、

トレード手数料が割引になります。

バイナンス(Binance)のBNBトークンを保有していれば、

バイナンスでのトレード手数料が割引になります。

FTXのFTTトークンを持っていると、FTXでのトレード手数料が割引になります。

仮想通貨の取引所トークンで得られる主な報酬やメリット

取引所トークンの独特なところは、運営が存在してしかも収益をあげるプラットフォームを持っているところです。

これは、そのまま規制リスクにも直結するのですが、

「仮想通貨取引所」という収益性の高いサービスを基盤にしている強みを生かしたトークンとも言えます。

そして、取引所をさらに利用してもらうために取引所トークンが存在します。

仮想通貨取引所のトークンは保有することによるインセンティブが非常に明確なのがいいところでもあります。

取引所トークンを保有する主なメリット&報酬

ほとんどの取引所でトークン発行されてて、だいたい似たような保有メリットがあります。

  • 取引手数料が割引になる
  • 取引所の収益の一部でトークンを買い上げる
  • 取引所で行われるイベント(IEO・トークンセール)に参加できる
  • 紹介制度などで有利な報酬を受け取れる
  • ファーミング&ステーキングで金利報酬を受け取れる(NEW!!)

一番大きいのは、仮想通貨取引所で手数料割引

先駆者はBinanceだと思うんですけど。

バイナンスで手数料の支払いをBNBにした場合、取引手数料が割引になります。

仮想通貨取引所の取引手数料でいいますと、

仮想通貨を買ったり売ったり、証拠金取引でロングしたりショートしたり。

そんなとき取引手数料がかかります。

だいたい0.1%かそれ以下くらいですが、結構でかいです。

0.1%の手数料で100万円分取引すると、1000円手数料がかかります。

毎日コンスタントに取引すると、月間で1億円分とか優に超えます。

10億円分の0.1%は、100万円。

その100万円分の取引手数料代金が割引されると。でかいですね。

なのでみんな使っている取引所のトークンはだいたい保有しています。

仮想通貨取引所の収益によって買い戻しバーン(価格上昇システム)

バイナンスやFTXが取引所で儲かるわけです。

結構儲かるわけです。

その利益の一部で、自分たちが発行して市場に流通させたトークンを買い戻す。

そしてその買い戻したトークンをバーン(燃やす)。

二度と流通させないようにするわけです。

そうすると、流通発行枚数減りますよね?理屈では流通量が減るので、一枚の価値が上がるわけです。

これをBuy&Burnとか、バイバックとか。

トークンの価格を上昇させるためのシステムとして割とメジャーなトークンシステムです。

このシステム、取引所みたいにすでに収益をあげることができているサービスは本当やりやすい。

し、これが取引所トークンの最大のポテンシャルといっても過言ではありません。年々、バリエーション増えてますが、それでも、

今現在でも、仮想通貨関連ビジネスで一番収益あげてるのは取引所では?

それくらい、売り上げすごいし収益すごいし、買い戻せるトークンもたくさんあるはずなのです。

取引所で行われるトークンセール(IEO)に参加できる

新しいトークンが生まれると、最近では取引所でそのトークン(仮想通貨)の発売が開始されたりします。

取引所で新規のトークン販売のことを、IEOと言います。

IEO=イニシャル・エクスチェンジ・オファリング

ビットコインの価格が上昇してるときや、全体的に仮想通貨(暗号資産)にみんな前向きなとき、IEOは結構いい成績を納めます。

IEO=儲かる。

ってことが多いので、参加のためのチケットは抽選になっていて、

結構シビアです。なかなか当たりません。

なるべく多くのチケットを持っている方が有利なのですが、そのチケットを手に入れるために取引所トークンが必要な場合が多いです。

FTX仮想通貨取引所などは、FTTトークンの枚数で最低条件をクリアできたり、枚数で申し込めるチケットの枚数が変わったりします。

紹介制度で有利な条件で報酬がもらえる

多くの取引所で、紹介制度を採用していて、

その紹介報酬のパーセンテージが、トークンたくさん持っていれば持っているほど有利になったりします。

ステーキングによってより有利になったり、ここらへんは取引所で結構差があるのですが、

長くたくさん使う人にとっては非常に重要なポイントだと言えます。

ファーミング&ステーキングで金利報酬が得られる

ステーキングに関しては、そこまで最近の話ではないのですが、金利報酬がもらえるという非常に大きなインセンティブが、

最近とくに目立つようになってきました。

その理由は、DeFiです。

仮想通貨取引所が自前の取引所を運営するのはもちろん、

DeFiのような、ファーミング(流動性マイニング・イールドファーミング)を行えるアプリケーションを開発。

そこで必要になってくるといいますか、重要になってくるのが取引所トークン。

そのアプリケーションを利用するのにそもそも必要になったり(手数料として)、流動性提供するとき非常に大事なトークンとして活躍したり。

BNBなどは、パンケーキスワップ というアプリケーションを出したことによって、価格がとんでもなく上昇しました。

パンケーキスワップのような仕組みは今後他の取引所にも導入されると思っています。

この仕組みは仮想通貨の取引所トークンに非常に大きなインセンティブを与えるのではないでしょうか。

仮想通貨取引所トークン・お世話になってるランキング

はい、世話になってるトークンランキングです。

取引所を使う=取引所トークンに世話になる。それくらい身近な存在です。

FTX仮想通貨取引所・FTTトークン

FTXの取引所トークン・FTT。

持ってるだけで、基本取引手数料が割引になります。

が、さらにステーキングを行うことによって手数料がさらに割引されます。

そして価格も非常に上昇しています。

勝手な予想ですが、

バイナンスのBNBトークンや、バイナンスがスタートさせたDeFi系アプリケーションの相乗効果でめちゃくちゃBinanceが盛り上がっているのですが、

FTXのCEOのアフロも、そこらへん攻めてくるのでは?と期待して上がっているのではないでしょうか。

アフロはもともと世界トップクラスのトレーダーであり、

しかもDeFiなどに造詣が深く、

SOLANAやSushiSwapなどにも関与しています。

ここらへんをうまく組み合わせてFTTトークンをうまく利用するのではないでしょうか。

(SOLANAブロックチェーンにSushiswap持って行ってFTTトークンで……)

IEO参加にもFTTトークンが必要だったりします。

FTTの証拠金トレードもFTXでなら可能で保有しながらヘッジショートやもちろん、ロングも可能です。

FTXが絡むSerumのAirdropの量が増えたり、今後、

SOLANAブロックチェーンを中心としてDeFi分野で、

FTTトークンやSRMトークン、SOLトークンをうまく活用してくるのではないでしょうか。

バイナンス(Binance)のBNBトークン

はい、取引所トークンの先駆けです。

バイナンスのBNBトークン。

こちらもBNBトークンを保有すると取引手数料として使うことができ、割引されます。

そして、IEO参加にもBNBトークンが必要なので、常に保有しておくことが大切で、長くホールドしておく動機にもなります。

パンケーキスワップの躍進&バイナンススマートチェーンの躍動により、

BNBの価値は一気に上昇しました。

さすがバイナンスのCEOのCZ。

クリプトの世界でやはり中心となる人物です。

今後もバイナンスが仮想通貨取引所としてうまく機能していく限り、

BNBの価値は維持されるのではないでしょうか。

2021年2月、時価総額ランキング3位ですからね。

ほんとすごい。

Zaif仮想通貨取引所ZAIFトークン

取引所トークンで初めて手にしたトークン。

とても好き、以上。

とくにインセンティブはありません。笑

でも好きです。

こんご何かしらのメリットが生まれてくるといいなぁ。

フィスコのFSCCトークン

実は日本の取引所に上場しているコインで、

一番パフォーマンスよかったんじゃないかって言われているのが

フィスコトークン。

海外の取引所にも積極的に上場していて、

価格も2020年には10円以下のときもありましたが、

2021年には100円以上にもなりました。

Zaifで購入することが可能です。

Zaifはほんと取引所ビジネスを引っ張っていたんだなと思います。

新たな取引所トークンのかたち・UNISWAPのUNIトークン

イーサリアムアプリケーションのプロトコルなので、

「取引所」ってくくりで語るのはちょっと違うのですが、

ただ、ユーザー側からしたら、取引所だろうがDEXだろうがプロトコルだろうがトークンを交換できるのは変わらないので。

UNISWAPのUNIトークン。

これも価格が非常に伸びていて、

記事を書いてる時点で13位です。

基本ガバナンストークンといって、UNISWAP自体への関与に必要なトークンとなります。

現状強い価格上昇のためのインセンティブなどはないですが、

(手数料割引などもない)

それこそコミュニティの投票で決まっていくので、UNIトークンが必要になっていきます。

そして、このようなDeFiに関連したトークンも多く誕生した2020年。

流動性をあげるために活用される取引所トークン

はい、取引所トークンの正体はこれなのです。

とにかくその取引所の流動性をあげる。

人を呼び込む。出来高を増やす。

その役割を取引所トークンが担っています。

取引所トークンのリスクは運営主体が取引所なこと

まさに取引所は国によって潰せる主体がいるということです。

DeFiプロトコルと違って、

大きなリスクとなります。

ここら辺は、取引所を利用する際、しっかりリスクとして管理して行ったほうがいいと思います。

FTXには取引所トークンインデックスもある

いろんな取引所トークンをバスケットして価格をだすインデックス。

  • BNB(バイナンス)
  • HT(フォビ)
  • OKB(Okex)
  • LEO(ビットフィネックス)
  • FTT(FTX)

こちら5つの加重平均のバスケット。

全体的に取引所トークンに期待だな、と思ったら取引所トークンインデックスを購入すれば、

簡単に取引所トークンにBETすることが可能です。

仮想通貨全体に人が流れてきていて、出来高を上昇しているような相場のときなど、非常に価格上昇の可能性が高いのではないでしょうか。

それでも仮想通貨が成長していく限り取引所もトークンも成長していく可能性

はい。結局どこまで行っても、

取引所はなくなることはないでしょうし、

仮想通貨業界の中心にい続けると思います。

その取引所が発行する仮想通貨取引所トークン。

使う取引所のトークンは、

保有していても良いのではないでしょうか。

取引所トークンに関しての記事でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください