副業としての仮想通貨

アルトコイン2019は今後コインベース上場銘柄がオススメ

こんにちは、アオムーです。

アルトコイン、草コイン、トークンを追い続け早数年。

アルトコインの未来悲観が増えております。

結論からいいますと、しっかり情報を追えばまだまだのびるアルトコインはあると思います。もちろん99%はダメダメかもしれませんが。

アメリカ最王手仮想通貨取引所の「コインベース」がアルトコインの取り扱いを増やしております。

アメリカの規制の中でも扱われていくアルトコインは伸び代があると思います。

コインベースが今後上場検討アルトコインリストを発表



現在、バイナンスとともに最も影響力のあるアメリカの仮想通貨取引所「コインベース」が、

ブログの中で情報を出しましたが、

「17種のアルトコインを上場の為引き続き検討している」

という話です。

そして記事の中には、このように、

Coinbaseの目標は、当社の技術基準を満たし、適用される法律に準拠するすべての資産のサポートを提供することです。 やがて、世界中のお客様がCoinbaseプラットフォームを通じて、流通しているすべてのデジタル資産の時価総額の少なくとも90%にアクセスできるようになると予想しています。

https://blog.coinbase.com/coinbase-continues-to-explore-support-for-new-digital-assets-70419575eac4

最終的には、仮想通貨時価総額の90パーセントをサポートしたいと。

ありがたや。

そして、今回の「上場させようかなコイン」結構すごいラインナップです。

これから期待されているコインがリストアップされている

今回の17のアルトコインのすごいところは、

多くのアルトコインが今後期待されるコインが多いところです。

まだ正式にプロジェクトが稼働する前のものや、市場に流通する前のもの、もしくはほとんど流動性がないもの、など。

要は、これから爆発的に伸びる可能性を残している仮想通貨ってことです。

90パーセントの市場をカバーしよう!ってなってて上位に食い込まない、というかまだ市場に流れてないもの含めて検討してるわけですからね。

ここは、フォローしておくべき、アルトコインなのではないでしょうか。

気になるアルトコインをいくつか紹介

正直優劣まではわかりませんが、

このニュースを知る前から認知していたアルトコインを紹介します。 

あ、その前に一通り並べますか。

リストととして。

です。ならべるといっぱい。

Dfinity

有名なプロジェクト。

こないだCOINFLEXでIFOも実施されていました。

技術的にはさっぱりわかりませんが、

イーサリアムがさぁここから、ビルドしていこうか。っていうものに対して、

Dfinityはさぁここから使っていきましょうか、っていうスタートの違い、方向性の違いを感じます。

そして、一歩進んだものと考えれば非常に楽しみな部分が多いです。イーサリアムと似ている部分は、基本的にロードマップが遅れます笑

キャッチコピーは、web3.0時代のスーパーコンピュータ。みたいな感じ。

Polkadot

polkadotも、COINFLEXで取り扱われています。

cosmosとポジションかぶってるのかな?

チェーンなんて一個一個違う規格のもの。

なんて、スケールしない考え方を覆すそんなもの飲み込んで、繋げていこうぜ。

ってプロジェクトだった気がします。

今のところ、チェーンの垣根超えて&ぶっ壊そうぜ。系でいうとcosmosのATOMトークンとpolkadotのDOTトークン。

Solana

スケーラビリティでなかなか前進しないプラットフォーム系ブロックチェーンプロジェクトの中、

5万トランザクション/秒

を、実現するパブリックブロックチェーンです。早い系に関したは、

分散性を犠牲にせず成し遂げた場合、

需要があるんだろーなぁっていうのは、直感的にわかるというか、まあそうだろうなっ。

って感じで、魅力的です。

Telegram

はい、もーどんなプロジェクトかわかりませんが笑

テレグラムの独自トークンです。

テレグラムといえば、仮想通貨界隈御用達のトークンアプリです。

ここで、仮想通貨が簡単に使えるのであればそれだけで魅力的です。

Oasis

なんかエアドロップかなにかを貰いたくて少し追っていたんですけど、もー最近はさっぱりわかりません笑

プライバシーと一流のセキュリティを備えた分散型クラウドで次の大きなアイデアを構築します。

https://www.oasislabs.com

Filecoin

老舗ですよね。たしか。

もーずっと有名な気がする笑 ストレージ開放系かな?なんか、2017年の時点ですでに古株なプロジェクトな気がしますが、気のせいですかねw

底を見極めて購入すれば一桁増える系かも

最初に付けられた価格が適正かわからないので、そこから大幅に下がる可能性もありますが、

大底からプロジェクトがしっかり進めば10倍くらい時価総額が膨れ上がってもおかしくないプロジェクトです。

楽しみであります。

ここら辺を中心に、同じようなプロジェクトや、全体の方向性をしっかり追っていけばいいのではないのでしょうか。

コインベース上場検討銘柄まとめ

これからも、いろんなところから、数千とトークンが生まれてくると思います。

見極めが大事です。

まあ、安パイで言えばビットコインホールドです。

ポートフォリオのバランスを大事に

仮想通貨と歩んでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください