情報共有コミュニティ

Braveブラウザ日本ではBATトークンではなくBAP

こんにちは、アオムーです。

仮想通貨ICOで資金調達して、広告ブロックやプライバシーの点で優れてるWEBブラウザ

「Brave」

これ、広告って概念をぶっ壊している代わりに、BATトークンが活躍する仕組みのブラウザなのですが、

日本ではBATトークンを利用したサービスではなく、BATポイント。を利用したサービスに、なっております。

はい。もうポイントとトークンは紙一重です。

何がどうなってるの?って話とか、ポイントとトークンの話とか。

Braveとは?

Braveとは、

セキュリティいい感じで、スピードめっさ早いWEBブラウザです。

シンプルなんでしょうね。高速にページを読み込みます。広告がないのも早くなる要因だと思います。

裏で情報を抜いたりしません。むしろ守ってくれます。

ありがとうBRAVE。

Braveは広告をブロックしてくれる

これ、ほんとすごいのでオススメです。

いっかい、ディープなページとか行ってみてください。広告なにもでないです笑

BraveのBATトークンは広告がない代わりのインセンティブ

なぜ世の中WEBページには広告が存在するのか。

広告でも儲けているからです。

広告で儲かっているから、WEBって基本無料なんですよね。もちろんネット接続料金はとられていますが。

だから、広告うざいな。って思っても、広告が無ければ実はもっとたくさんのお金が発生するはずなのです。

安い金額で何かを利用しようと思うと、

そこには広告などのインセンティブが必要になってくるのです。

でもBraveは広告を徹底的に排除してくれます。

そうです、広告がないとお金が回りません。

まあ、そもそものビジネスモデルの転換点にはきてるかもしれませんが。

BATトークンでインセンティブを発生させる

広告をわざと見ることにより、インセンティブを発生させたり、

クリエイターにチップとしてBATトークンを投げたり。

BATトークンという、実は仮想通貨時価総額でいうと結構上位のトークンなのですが、

それを利用して利用者でインセンティブを回してしっかり運営しようと。

ビットコインもそうですが、インセンティブがない仕組みは長続きしません。

そこで、仮想通貨BATトークンが活躍するわけです。そして利用されるシチュエーションも多く、期待されているトークンではあります。

2019年12月で30位くらい。

日本の規制によりBATトークンが扱えない

Brave公式サイトのQ&A

こちらにあるように、

資金決済法 等により、BraveでBATトークン貰ったり投げたりできませんジャパン。

その代わりに。

BAP

BATポイント略して、BAP。

バップ笑

まじバップだよこのシステム。

日本ではBATポイント。Braveでポイ活ができます

Q&Aみるかぎり、まじで普通のポイントです笑

ただ、ポイントだと使いみちまでしっかり作らないといけないんですよね。

1ポイントで何かと交換できる。みたいな感じ。

そこら編はコインカムとかと同じ流れになるんじゃないかなぁ。

どうなるんですかね。決済に利用できる店舗といいますか、ポイントサイトとの連動に期待したい。

早くポイントと仮想通貨(暗号資産)は融合して欲しい

仮想通貨ってきくと、ん??ってなる人多いですけど日本で考えるとポイントとほとんど変わらないんじゃないですかね?

そりゃ、ちゃんと語れば全然違いますよ?

でも、トークンがブロックチェーンが使い勝手良くなった未来を考えると、

今のポイントが、更に流動性高くなった感じになるんじゃないかな?

現在日本のポイントの流動性も結構すごいですけどね笑

ドットマネーみたいなサイトとか。

全部、イーサリアム上でやっちゃえばいいんだ。イーサリアムよ、早く目覚めてくれ。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください