情報共有コミュニティ

デジタル証券へ一歩前進!GMOコインが第一種金融商品取引業者登録

こんにちは、アオムーです。

2020年5月より改正金融商品取引法が施行されました。

ざっくり、「規制が明確になってよりしっかりと金融ルールの中で暗号資産やっていこうね」って感じです。

そしてGMOコインが、

デジタル証券分野でマストな「金融商品取引業者登録」を完了。

「デジタル証券って何? どこで買えるの?」

GMOコインで取り扱えるようになるってことです。

デジタル証券とは?

証券性を帯びた暗号資産です。今回の法改正でポジションが明確になった感じです。

そして今年中に取引所で流通する可能性が出てきました。

簡単にいうと証券がデジタル化されたってことです(=゚ω゚)

もうまんまですね。

ブロックチェーンの良さが活かされてるとか、

一回無視。

要は、株とかがトークン化して24時間流動性高く取引でき、証券ごとのルールをトークンに組み込むことも可能です。

いわゆるスマートコントラクト。

そんなデジタル証券世界がもうすぐ来そうです。

GMOコイン第一種金融商品取引業者登録

暗号資産取引のGMOコイン:第一種金融商品取引業者登録のお知らせ

2020年5月1日

上記のプレスリリースがでました。

「デジタル証券」は「仮想通貨交換業」では取り扱いできません。

第一種金融商品取引業が必要です。(たしか第二種でもいけるんですが、条件がより厳しい)

金融商品取引業者(第一種金融商品取引業)登録により、

GMOはデジタル証券を扱えるようになったということです。

STOなどができるってことだと思います。

もうなんか規制が現在進行形で作られているので断言できないのですが、

多分そういうことです。

STOはセキュリティトークンオファリング。

新規デジタル証券の販売。ってことです。

暗号資産だとICOってのがありましたね。

日本STO協会、金融庁から自主規制団体に認定

日本STO協会、金融庁から自主規制団体に認定

この団体が4月末に金融庁から自主規制団体に認定されました。

なので、ほんと同時平行で規制も法改正も進んでいます。

ただはっきりしたのは、

やはり今までの「暗号資産交換業」だけではSTOやデジタル証券は扱えないってことであり、デリバティブ商品を扱うにしろ、

「金融商品取引業者」が必要だということです。

ここを意識してGMOコインは登録を完了したということです。

GMOコイン仮想通貨レンディングで5%の金利を得よう!

これからもデジタル証券分野は積極的に情報追っていきたいです。

多分続々と「金融商品取引業者」を取得して、

デジタル証券、STOを加速させていくのではないでしょうか。

GMOコインの口座を開設しよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください