BEXAM最新記事一覧

2019年イーサリアム2.0POS移行の流れ&32ETHバリデード詳細

こんにちは、アオムーです。

イーサリアムの開発がぐっと進んでおります。

そして、イーサリアムはまったく新しいチェーンとして開発も進んでいまして新しいチェーン(コア)をBeacon Chainと呼びます。全体のアップデートをSerenityと言いましてイーサリアム2.0などとも呼ばれます。

イーサリアム2.0(Serenity)への流れ

段階的に進むので、何をもってイーサリアム2.0って言い方になるのか。ってところは置いといて、

トークンに特化しておりますクリプトブルーとしましては、Serenityのフェーズ0,一番最初の段階。そこで稼働し始めるBeacon Chain

Beacon Chain上で発行される新しいETH(イーサリアムのガス)に注目しているわけです。

そこらを基準で話しますと、

Beacon Chainが完全版じゃないにしろ、稼働し始めた時点で新しいETHが生まれるので、そのスケジュール感で話たいと思います。

ちなみにビタリックです↓↓

Beacon Chainのローンチは2020年1月の予定

Serenityのフェーズ0、Beacon Chainがローンチした時点では、まだ今動いているイーサリアム/Ethereumはそのまま動き続けます。

Beacon ChainがPoSで、イーサリアムはPoWとして、2つが同時に稼働し始めるのが2020年1月(予定)です。

そして、もちろん今あるイーサリアムはETHで、Beacon ChainはETH2(勝手な名前正式名称じゃない)として新たに生まれます。

イーサリアムとイーサリアム2.0では別のETHトークンが存在することになる

思い切って言ってしまえば、あと5年くらいでイーサリアムチェーンを捨てて、Serenity(イーサリアム2.0)でやっていくぞ!っていう話です。

で、イーサリアムのPoSシステムのことをCasperって言います。

数年はイーサリアムとイーサリアム2.0は両方とも稼働します。Serenityも4段階に分かれていて、徐々にイーサリアム(PoWのほう)は役割を終えていくと思います。

Beacon Chainで32ETHステーキングするとバリデーター(パソコン使ってイーサリアムネットワークに貢献できる人)になれます。

バリデーターになるとETH2が報酬として貰える

https://github.com/ethereum/eth2.0-specs/pull/971

ビタリックがGitHubにて提案している報酬の形です。

トータルで100万ETHがBeacon Chainでステーキングされた場合(1スロット32ETHだから、31250スロット分)、18%利息。結構すごいですね。

(他の記事では、他の人が計算した表で報酬の話をしました。多分、まだ決定してないのかな?)

たしか、イーサリアム自体PoSに移行するとインフレ率がガクンと下がって最終的に1億1500万枚くらいで大きく増加しなくなる予定なので、(2019年7月で1億ちょっと)

https://medium.com/ethhub/the-basics-of-ethereum-2-0-economics-3bd2ffc7fd0e

100万だと1%、1000万だと10%くらい。

10%ステーキングされた場合は、利息が1.81%になります。

常にネットワーク接続しているパソコンが必要だがノートパソコンでもバリデートはOK

PoWみたくアホみたいにマシンパワーが必要なわけではなく、トークン保有量でうまく回すタイプのPoSなので、パソコンはノートでもOKらしいです。

ノートにもよりますが、高性能ノートパソコンでえあれば、3〜10スロット(320ETH)くらいはいけるらしいです。

Beacon ChainでのETHステーキング方法

今現在、使える普通のETHを用意します。32ETHでワンセットです。

パソコンにアプリケーション(Beacon Chain)をダウンロードしてステーキングします。が、Beacon Chainでステーキングしますその32ETHは、2020年1月の段階から、更にもう一段階アップデートされるまで動かせません。

Beacon Chainが稼働するだけで、Beacon ChainからイーサリアムにETHを送り返せ。などの命令が行えないためです。

なので、一度Beacon Chainに送った場合、少なくとも1,2年は強制ガチホです。

もし最初からステーキング参加するつもりなら、24時間オンラインの環境と1,2年ガチホで良い準備が必要です。

ノードがオンラインでなくなるとペナルティ有り

どれくらいかというと、月の半分オフラインだとステークしているETHの半分くらいは没収されます。厳しいです。

ただ、フルノードを運用するハードルを下げるように設計はされているので、ノートパソコンまたは、僕触ったことないんですけど、ラズベリーパイのようなコンピュータでもいけるみたいです。

それで起動させたままネットワークに接続し続けるわけです。

イーサリアム2.0になるとどれくらい性能あがるの?

https://ethresear.ch/t/transaction-throughput-under-shasper/3467

いろいろ端折って話しているため、わけわかんない数字が並んでいると思いますが、一番下の「tx/sec」

トランザクション/秒

1800倍以上になります。

大幅にトランザクション性能が上がります。

イーサリアム2.0への流れまとめ

技術的な部分はすべて端折ってBecon Chainからの32ETHステーキング&バリデードについてまとめました。

なんでしょ、せっかくこのタイミングでブロックチェーン&イーサリアム&仮想通貨に興味を持っているで、イーサリアムネットワークに貢献したい気持ちはとても強いです。

まずは32ETHをゲットです笑

普通に今流通しているETHをゲットして、ときがきたらステーキングで数年強制ガチホ。

また、新しく情報が入りましたら記事にします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください