情報共有コミュニティ

仮想通貨の今後を読む・コインゲッコー仮想通貨四半期レポートで振り返り

こんにちは、アオムーです。

2021年。ビットコインは約30000ドルで始まり、

4月14日に64000ドルを超える高値をつけ、そして、7月現在、再び30000ドルの攻防を繰り広げています。

その中でも、第2四半期(Q2)の動きが激動でした。

順風満帆といいますか、スタートから順調に上がったQ1と激変しまして、

Q2は、60000ドル超えの価格から20000ドル台への下落を経て、方向感のない動きの上、

多くの人はバブルが終わった。と、

「仮想通貨の今後はどうなるのだろう?」

これからを知るためには、過去を振り返ることが重要だ。

って歴史好きが言ってた気がします。

仮想通貨の今後を知るために。とても参考になる四半期毎にでます、

超すっばらしいレポートがあるのです。

コインゲッコーの仮想通貨マーケットレポート!!

コインゲッコー四半期仮想通貨レポートをゲット

かわいいイラストとわかりやすいグラフなどでまとまっている、コインゲッコーの四半期レポート。

昔のやつも、コインゲッコーのサイト見に行ったらあるのかな。

あった。メールアドレスの登録が必要だと思いますが、簡単なので登録して、

あとアプリも使いやすい。

ぜひ、昔のも含めて読んでみましょう。

仮想通貨の流れがなんとなくわかると思われます。

コインゲッコーレポートにはどんなことが書いてあるか

ざっくり言えば、

3ヶ月間(4月から6月)の間に仮想通貨界隈になにがあったのかが、まとまっている資料です。

  • マーケット概観
  • ビットコイン分析
  • DeFi分析!
  • ミームコイン
  • NFT

こんな感じ。まさにいまのトレンドをおさえたラインナップ!

みるしかない!やるしかない!

マーケットシェアの伸び具合とか

イーサリアムが伸びてるのがわかる!とかグラフとカラフルな資料でとてもわかりやすいぜ。

DeFiとかNFTという今後の仮想通貨の流れがつかみやすい

defiの流れ。

defiも、イーサリアムを起点というかバースな聖地としまして、

そこからさまざまな世界、まさにメタバースじゃないですけど、

マルチなチェーンで同時多発的にその価値はどこからどこへ増殖していくんだ、膨れ上がるんだ、

っていう、膨張の仕方を。

価値が膨らみ続ける出来事をジャパンは30年以上みていないので、

違和感しかないdefiワールドの膨張。

そこの膨張と、小休止をレポートでまとめてくれています。

利回りのトークン化

(=゚ω゚)

なんだこれは。

他にもポルカとかAxieとかまとまってるよ

結局、これからを見る、朧げながらに目線を遠くするには、

過去を見るしかない。

そこでコインゲッコーれぽーと。

とても良いと思います。

とくに、大きな企業や、もう個人が買ってどうこうってレベルじゃなくなってきたビットコイン。

ビットコインが結局中心のこの世界は、

今まで以上に3ヶ月、四半期の流れが重要になってくるのではないでしょうか。

少し閑散としてます、夏。

2021年、夏。

暑い、夏。

夏はトレードなんかしてる場合じゃない笑

なんて言わず、この時期にしっかり準備することが次の流れに乗る為に必要な、

必要な、あれです。

最後まで読んでくださいましてありがとうございました!

仮想通貨時価総額ランキングを確認して情報を集めよう・超初心者向け6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください