情報共有コミュニティ

資産が1年で100倍以上?!仮想通貨投資でお金持ちになる方法

2017年仮想通貨「XRP」は0.6円から始まり、

12月30日には約260円、そして年が明けて2018年1月4日には約380円という価格をつけました。

2017年内の数字だけみても約430倍、その一週間後には600倍以上の数字を叩き出しています。

XRPを10万円分購入していたとすると、2017年だけで4000万円。最高値で考えますと6000万円になったということです。

仮想通貨の世界でしたら5倍〜10倍はそんなに珍しくありません。

こんな現象なかなか現れるものではありませんが、

この記事を中心に、難しいと思われがちな「仮想通貨投資(暗号資産)」のやり方を、簡単にわかりやすく解説していきます。

これを読んであなたも、「億り人」への道、歩みだしてみませんか。

目次

仮想通貨投資は簡単!誰にでもできて誰にでもチャンスがある!

仮想通貨ってなんだよ、お金なの?資産なの?そもそもこの世に必要あるの?」

なんて思って、敬遠している人もいるでしょう。

もちろんセキュリティ面での知識であったり、ある程度の知識は必要ですがビットコインなんて100万円の価格がついて売買されていて、

要は安く買って高く売れば儲かるわけです。

日本に仮想通貨を取引する場所(仮想通貨取引所)があって、

株式みたく口座作って買ったり売ったりする。

実はとてもシンプルなのです。

様々な人がパソコンやスマホを利用して簡単にトレードしている

一度口座を開設してしまえば、取引自体は非常に簡単です。

しかも最近ではスマホアプリの使い勝手も向上し、

いつでもどこでも簡単に仮想通貨トレードが行えるようになりました。

ツイッターなどSNSに多くの情報が集まりますが、

サラリーマンの方、学生の方、専業の方、家事手伝いの方など、様々な職業の方が自分にあった規模感で投資を行なっております。

仮想通貨・ビットコイン投資を始める理由は人それぞれ

やっぱり一番は億万長者になりたい。お金持ちになりたい。という動機が一番ではないでしょうか。

そして、なにより仮想通貨取引は簡単です。

全てがデジタル世界で完結するので、投資として非常にシンプルです。

仮想通貨は日本円のライバル!?

仮想通貨は日本円ではない「お金」として非常に注目され、よく日本経済の行く末、日本円の価値と対比して語られることが多いです。

日本円の価値はなくなるが、ビットコインの価値は上がり続ける!

なんて語られたりもします。なぜこのような見解があるかというと、

  • 日本円は日本の偉い人の判断でいくらでも総枚数を増やせるから
  • 日本はたくさんの借金を抱えているから
  • 日本は他国に比べて経済が成長していないから
  • 少子高齢、さらには人口現象で日本国力が衰退していくから

このような見方をされているからです。

一方ビットコインは、

  • 誰かの思惑で枚数が増えたりしない
  • 最終的に2100万枚以上にはならない
  • 2019年時点でまだ全て発行されていないが、年々年間の発行枚数が減り価格上昇のシステムが組み込まれている
  • すでに10年以上稼働し続けており、そしてまだ誰もデータ不正攻撃を成功させた人はいない

上記の指摘はもちろん、ビットコイン派の人目線でありビットコイン推しの発言ではあります。

しかし、日本の行く末に不安を感じ、何十年後かの「老後の不安」になり、

日本円以外の資産を持つべきなのではないか。

という思いを生んでいるのです。

銀行に預けていても得しない時代に

マイナス金利政策はもちろん、規制緩和の影響、そしてキャッシュレス時代に突入。

銀行のパワーがみるみる落ちているのは歴然です。大手銀行がこぞって人員削減を進めているのも公然の事実です。

そして長く長く続く低金利。

普通預金で0.001%。定期預金10年でも0.01%などです。

額面上銀行に預けている分には、数字は減らないですが、毎年毎年新規でお金が発行されている今、お金の価値は下がり続けていきます。

日本はインフレ目標を掲げ、物価の上昇なども目指しています。体感としても物価が上がっているのは感じると思います。

給料も上がればもちろんそれで済む話ですし、実際アルバイトの時給などは上がっています。しかし、銀行に預けているお金はそんなインフレと関係なく同じ数字です。外の世界では数字が上昇しているのに、同じ数字ということは、

価値が下がっている可能性がある」ということです。

では、価値が上昇し続ける可能性がある、もしくは価値を保ち続ける資産はないのか。そこで「ビットコイン」が注目されているのです。

価値を保ち続け、将来的にも利用できる資産の準備が必要です。

そこでこの記事では、

仮想通貨の基礎的な話、すぐに仮想通貨投資が始められるようにわかりやすく解説していきます。

まずは仮想通貨取引所口座開設!初心者でも簡単

仮想通貨投資を始めるには、まずは仮想通貨取引所口座が必要です。

仮想通貨取引所は国内で約20弱存在していますが、選ぶ際の重要なポイントがあります。

  • 取り扱い銘柄
  • 手数料
  • 取引高(流動性)
  • 取引のバリエーション
  • 取引所の信頼感&認知度

などがあげられます。

仮想通貨取引所で主にオススメするところは、

などです。

「このコインを買うならここ!」「レバレッジ取引ならここ!」

という使い分けが必要なので、複数の取引所に口座開設することをオススメいたします。

仮想通貨取引所の手数料とは?取引手数料・出金&入金基本解説

手数料&トレード目的でオススメ仮想通貨取引所の特徴を紹介・比較

仮想通貨トレードは難しい?勝つために情報収集をしよう!

仮想通貨トレードは決して難しくありません。

ここで言う「難しくない」というのは、簡単だ!って意味ではなく、「他の金融商品トレードと基本的には変わらない」という意味です。

もちろんビットコイン特有の時間のファンダメンタルはありますし、独特な時間軸もあります。

しかし、トレードのことを勉強しようと思った場合、FXトレードや、株式トレードの基本的な勉強とやることは変わりません。

そして最初にもいいましたが、下がったら買って上がったら売るのです。

そして上も下も、二択です。結局二分の一でしかないわけです。

なので、トレードの基本に関してはすでに世に出ている書籍をベースに基本を学ぶことをオススメします。

現状を俯瞰するには時価総額ランキングなどを見るのがオススメ

仮想通貨=トークン=ビットコイン・アルトコインなのですが、日に日にアルトコインの種類は増え続けています。

なぜかというと、作るだけなら30分もかからず数千円で作れるからです。

99%が詐欺。

と、言われる所以です。

その仮想通貨をランニング形式で並べてくれてほとんどのアルトコインを確認できるのが、

マーケット情報サイトです。

コインマーケットキャップ

coinmarketcap

ナンバーワンの信頼か、と言われると少々疑わしいところもありますが、とにかく1番有名です。

ここにちゃんと表示されるか、ランキングに載るかは、仮想通貨プロジェクトの宣伝効果に大きな影響を及ぼす印象があります。

coingecko/コインゲッコー

coingecko

最近、人気急上昇中のマーケット情報サイト。

四半期ごとに、独自のレポートを出していたり、コインマーケットキャップに掲載されないアルトコインをフォローしていたり。

結構好きなサイト。最近はここで見てます。

MESSARI

MESSARI

真面目系マーケット情報サイト。取引高、ランキングなど正確性を重視しています。

さらにニュース記事、リサーチを配信しています。

英語の記事ですが、よく引用されたりするので情報を確保したい人にとっては是非フォローしておくべきサイトだと思います。

メジャーな仮想通貨ニュースサイト

そして、大手メディアのフォローも必須です。

大きな仮想通貨界隈の流れは、大手仮想通貨専門メディアをフォローしておけば問題ないです。

coinpost

coinpost

もう、大体ここに載っています。国内のメディアとしては最大ではないでしょうか。

コインデスクジャパン

coindeskjapan

ニュースの本数というよりは、良質なコラムを中心に配信しているメディアです。

コインテレグラフジャパン

https://twitter.com/JpCointelegraph/status/1176858897987985409?s=20

コインテレグラフ

コインデスクもそうですが、コインテレグラフはもともと海外のニュースサイトです。

コインテレグラフの場合は、大元のサイトが配信したニュース記事の日本語訳がメインです。

そして、海外のニュースや飛ばし記事&PR記事などわりと混沌としてる部分もありつつ、圧倒的に情報量です。

あとイラストがかわいいです。

FXcoin

FXcoin

ビットコイントレード。って言い方ですと、ここが1番引用されているサイトだと思います。

マーケット分析。参考になります。

ほとんどの仮想通貨民はツイッターをやっている

はい、すぐ仮想通貨用のTwitterアカウントを作成しましょう。

2019年現在、仮想通貨トレードの情報は本当に充実していると思います。基本皆さん無料で情報を公開しています。

もちろん有料にも情報はたくさんあるでしょうが、まずTwitterでみんなにツイート公開している人を、フォローすることをオススメします。

仮想通貨にはどんな種類があるの?ビットコインとアルトコインについて学ぼう

どんなルートで「仮想通貨」に出会うか結構重要で、下手するとまったくビットコインに触れずに仮想通貨を始める人がいます。

ビットコインが絶対ではありませんが、やはりトレードにしろ仮想通貨の今後にしろビットコインが基本です。

ビットコインを中心に考えた方が、シンプルに見えてきます。

ビットコイン&アルトコインとは?

仮想通貨は大きく2つに分けるとこができまして、「ビットコイン」か、「ビットコイン以外か」です。

ビットコイン以外のことを、アルトコインといいます。(広義)

もともとは、一番最初に生まれたビットコインの技術をベースに作られた”ビットコイン以外”のコインを”Alternative coin“と呼んだことから生まれた言葉です。

ただ、もう今ではどちらかといえば「その他のコイン」みたいな意味合いが強く、

ビットコイン(イーサリアム)以外一括りにアルトコイン。みたいな部分はあります。

アルトコイン2019は今後コインベース上場銘柄がオススメ

アルトコイン今後上がる可能性があるトークン設計とは

日本は規制の影響で数十種のコインのみ

世界的には、数千の仮想通貨があります。

先程も書きましたがコインを作るのはとても簡単なので多分認知されていないのも含めれば10000は超えているのではないでしょうか。

このブログの運営者も独自のトークンを発行しております。(aomucoin)。

99%は詐欺コインと言われているので、ある程度規制で購入しづらくなっているのは良いのですが、

規制が厳しすぎて、世界的には注目されているコインも取引できない状態です。

そこで、多くの仮想通貨に興味がある人は、「海外の仮想通貨取引所」を利用しています。

主戦場は海外?数千種類以上の仮想通貨取引

まず最初に書かなければならないことは、

「海外の仮想通貨取引所を利用しても、利用者が罰せられることはありません」

罰せられるのは、日本に住む人に取引所を利用させた取引所側です。

海外仮想通貨取引所は規制が緩い

日本の取引所に登録するときは、本人確認が厳格であります。住所の確認もします。

銀行口座も必要です。

しかし、海外の仮想通貨取引所は本人確認がほとんど必要ない場合もあります。

有名であり取引業界の中心的な取引所でさへ、高額な取引が前提でなければ、ほとんど本人確認無しで取引ができます。

ちなみに、仮想通貨の世界では本人確認のことを「KYC」と呼びます。

KYC=know your costomer

そして、ほとんどのKYCはパスポート所持が前提です。

旅行にも行けるし、身分証としても活躍しますパスポート、是非取得してしまいましょう。

海外の取引所には数百のアルトコインが上場している

小さい取引所に一箇所だけ上場している。など、非常に怪しいコインではありますが、

一歩間違えれば、いや、百歩くらい間違えれば価格が上場することもありますし、

今後有望だ。と言われる仮想通貨も最初は大手の取引所に上場しません。

理由はいくつもあるでしょうが、そもそもいくら有望でも信頼度などありませんからね。

手数料が安いことが多い

使い方にもよりますが、アルトコインをトレードする分には海外の取引所の方が安いことが多いです。

ビットコイントレードだけに絞れば、国内の取引所も結構安い所は多いです。

レバレッジ100倍の取引所もある

日本は規制の影響でレバレッジは4倍が最高です。

海外の仮想通貨取引所では、ビットメックスなど大手取引所で「100倍」などもあります。

ただ実際に利用してる人は少ないようで、非常にハイリスクではあります。もちろんハイリターンですが。

多くの日本人が利用している海外仮想通貨取引所

仮想通貨トレードをしている人の殆どが登録している取引所を紹介いたします。

Binance

Binance

圧倒的に取り扱いアルトコイン数がまず大きなポイント。さらに、

サービスのバリエーションがとても充実しています。

日本人が参加できない(規制の問題で)サービスもいくつかありますが、

先物取引、IEO(取引所トークンセール)、マージン取引、レンディング(コインを貸して金利を得る)、DEX(中央管理者不在の取引所)、ステーキング(保有してると報酬が貰えるシステム)などなど、

沢山の取引機能が存在し、今仮想通貨界で話題の中心的出来事は、大体バイナンスに登録すれば可能なことが多いです。

現在、「仮想通貨界の中心」といっても過言ではありません。

どれも、流行りの部分もあり、いつまでも絶好調なわけはないのですが、それでもまだまだBinance(バイナンス)には資産を増やすチャンスが眠っています。

取引所トークンの先駆け「BNB」

取引所が発行している独自トークンがあります。

非常に魅力的なトークンなのですが、なぜ魅力的かといいますと、今のところ仮想通貨業界で一番儲かっているのが「取引所」だからです。

プロジェクト自体が儲かっている&利用者が多いからこそ、そのプロジェクトが発行するトークンに価値が生まれるわけです。

その意味で言えば、現在仮想通貨業界の中心であるbinanceが発行するBNBトークンというのは、とても力のあるアルトコインになりました。

Bitmex

Bitmex

bitmex/ビットメックスは、世界の相場をある意味牽引している取引所です。

圧倒的な取引高と、使いやすい&多機能な注文ツール。とにかく慣れると使いやすい。

そして、「元祖レバレッジ100倍」。

非常になんでしょ、この記事のタイトルではないですが夢のある、ハイリスクハイリターン取引所の先駆けでした。

もちろん今でもトップランナーです。

とにかくシンプルで簡単なところが受けているのだと思います。

入金はビットコインのみで本人確認の必要なし

ビットコインを担保に、レバレッジをかけながらトレードするbitmexは法定通貨を扱っていないこと&現物の仮想通貨をトレードしているわけではないことなどからKYCの必要性がないのかもしれません。

なので、非常に始めるのが楽です。

ビットメックス。

このとっても簡単な部分使い勝手の良さと相まって人気の要因なのではないでしょうか。

HOTBIT

HOTBIT

いわゆる「草コイン取引所」です。

注意事項としては、とにかく不安定であり、いつなくなってもおかしくない。というのは頭の片隅に入れておきましょう。

無名の仮想通貨が上場し取引されている取引所です。

草コインとは、Shit coinなんていう、アルトコインというくくりにすら入れてもらえないような「弱小マイナーコイン」って感じです。

ただ、とにかく知名度が低かったり時価総額が低いので、ワンチャンとんでもない価格上昇があったりします。

取引所もものすごい数が生まれていて、今では取引所自体が草コインではないですが、草取引所状態になっています。

シストレは集合知とコミュニティの時代

お金のデジタル化が進み、2020年はソーシャルディスタンスという合言葉と共に仕事のデジタル化が驚異的なスピードで進みました。

投資の世界でもデジタル化が急激に進んでおります。

仮想通貨トレードは今やコンピュータによるルール通り買ったり売ったり利益をあげる自動売買です。

「はむとれ」という自動売買をオススメしております。

仮想通貨がわからなくても、プログラミングの知識がなくても、投資未経験でも簡単に自動売買をスタートさせてくれるプランがあります。

そして、多くの方がはむとれを利用し、コミュニティの成熟と共に、

集合知として機能し始め、何かあればコミュニケーションが取れる環境も整っています。

ドライにロジックでのトレードと、ハイパフォーマンスなコミュニケーションでのシステムトレード。

デセントライズド精神が強い仮想通貨界隈だからこそ実現する世界観なのかぁと思ったりもします。

ICO・IEO・IFOを使いこなしてお宝仮想通貨を見つけ出そう!

2017年イーサリアムというブロックチェーンプラットフォーム上でスタートしました。

ICO=イニシャルコインオファリング

新規にトークンを発行し販売する」=トークンセール

というものが非常に盛り上がりました。このトークンセールをICOと呼びます。(イニシャルコインオファリング

よく、新規株式公開IPOと比較されますが、まだ世に出ていない、まさにベンチャー企業の「スタートのスタート」そんなタイミングで投資できる。そんな盛り上がり方もあり2017年の仮想通貨バブルを牽引する盛り上がりを見せました。

結果的に、ほとんどのICOが価格的な意味で失敗しました。

何か、ICOに代わる信頼感の増したアイデアはないものか。という流れで今度は「IEO」というトークンセールが流行りだします。2019年頭のことです。

上記で紹介しました「Binance」が大々的にリスタート(スタートは2017年末だったが仮想通貨価格の低迷もあり休止)させました。

IEO=イニシャルエクスチェンジオファリング

ざっくり言いますと、「取引所で行われるトークンセール」です。

ICOの多くの失敗は信頼度の裏付けといいますか、そのプロジェクトの精査をほとんどの人ができなかったことにあります。

そこで、「取引所が一度プロジェクトを精査したトークンセールなら信頼度高いんじゃないの?

という流れで、参加者に安心感を与え2019年の大ヒットイベントになりました。

特に2019年前半はバイナンスのIEOビットコインの価格上昇が大きな仮想通貨界を引っ張っていきました。

IFO=イニシャルフューチャーオファリング

そして次は先物トークンセールです。

まだ市場に流通していないトークン(アルトコイン)を現物の裏付けで取引を開始する。

こちらも取引所で行われます。

IFOに関しては記事執筆時点でスタートしたばかりの販売方法であり、どうなっていくかわかりませんが、トークン発行後すぐに流動性を確保できるこの仕組みはとても重宝されると思います。

トークンセールは主に海外の取引所&サイトで行われる

コインチェックという日本の仮想通貨取引所がトークンセールに興味をしめしスタートしようと動いている。

というニュースは流れましたが、2020年の法改正で「仮想通貨」は「暗号資産」になり、明確に規制される分動きやすくなるとは思うのですが、

そう簡単に実施できるとは思っていません。

ただやはりトークンセールは非常に魅力的な仮想通貨投資の1つであり、参加には大きな夢があります。

今一番簡単なトークンセール参加は、「バイナンス/Binance」で行われるIEOに参加することです。

トークンセール(Binance取引所)参加への流れとしては、

  • 日本の仮想通貨取引所口座開設
  • 取引所でビットコイン(BTC)などを購入
  • 購入したBTCをバイナンスへ送金
  • バイナンスにて本人確認完了(KYC)
  • バイナンスのトークンセール(Launch pad)へ参加

このように、多くの仮想通貨トレーダーは、

日本の口座を作った後、海外の仮想通貨取引所の口座を作る流れになっています。

レンディング&ステーキングを初めて仮想通貨で運用を始めよう!

海外仮想通貨取引所「バイナンス」では、そのコインを持っているだけで勝手に報酬がもらえるシステムが存在したりします。

これを「ステーキング/Staking」と言います。

そのコインを保有し続けることで、ネットワークに貢献している。

という考え方です。みんながコインを保有してくれないと、そのコインのネットワークは活動的にならないし、維持するの難しいですよね?

本来は、コインを保有してパソコンにアプリインストールして、実際に仮想通貨プロジェクトのブロックチェーンネットワークに参加して、その報酬として仮想通貨がもらえるわけです。

でも、少しハードル高いですよね?なので難しい部分はバイナンスなどの取引所がやってくれたり、代行してくれるプロジェクトが増えています。

仮想通貨投資のバリエーションが急増している!

ビットコインHODL(いわゆるガチホ、ずっとBTC持って値上がり期待)、アルトガチホ、草コイントレード、ICO、IEO……と様々な仮想通貨投資&投機が流行ってきましたが、

今後大きく伸びるであろう投資方法は、結局現状の金融商品と似てくるといいますか、金利の世界です。

そうなると年間5%。という非常に現実的な数字になってきたりしますが、

それでも、「投資の世界」という考えか方でいうと非常に魅力的な投資です。

100倍にはなかなかたどり着けない投資かもしれませんが、業界としてインフラが整いつつあるのかなと感じています。

仮想通貨で儲けるにはまずは日本円が必要だ!軍資金を増やそう!

どんなに仮想通貨に精通しようが、仮想通貨が大好きであろうが、

「日本円がなければビットコインは買えません」

まずは日本円を「貯めて」「増やして」「稼ぎましょう

無料でビットコインを貯める方法もある!

仮想通貨」と「ポイント」って実はとても似ているのです。

ポイントっていうのは、例えばTカードのTポイントだったり、QRコード決済でキャッシュバックでもらえるポイントだっり、

そして今日本で一番勢いのあるポイント「楽天ポイント」であったり。

ポイ活の延長線上として、「仮想通貨を貯める」という流れ、今後大きな波がくるのではないかと思っています。

仮想通貨&キャッシュバック&ポイントは、非常に相性が良いなと感じています。

仮想通貨銘柄選別に効果大!ビットコインの凄さとは何か知ろう!

「ビットコインより優れた新しい仮想通貨」なんて触れ込み聞いたことないですか?

たしかに、ある一部分だけ切り取ればビットコインより優れている仮想通貨はたくさんあります。

しかし、実はビットコインの本当の凄さが分かって入れば、どの部分でビットコインが他の仮想通貨より優位に立っていて、

他のコインでは勝ち目がない。部分も存在する。というのがわかります。ここがしっかりわかると、変なトークンを購入する可能性は激減します。

ビットコインの凄さがわかれば、イーサリアムの凄い部分も見えてくると思います。

今後長期でビットコイン価格・チャート推移に関係性の高い要注目のデータ3つ

最後はウォレット!自分専用のウォレットで仮想通貨の本当の自由を手に入れよう!

今まで書いてきた記事は、

実はほとんどが仮想通貨取引所内で完結できることでした。

それくらい、仮想通貨取引所の進歩は凄いですし、非常に魅力的であり、セキュリティ面で心配な部分はずっとありますが、保証体制も整ってきました。

しかし、本当に仮想通貨が面白いのは、

自分のウォレットに仮想通貨を移して自由にやりとりをスタートしてからです。

ウォレットとは「銀行口座」みたいなものであり、「ポイントカード」みたいなものです。

その管理を、100%自分でやるのです。

ビットコイン(BTC)にはビットコインのウォレット。

イーサリアム(ETH)にはイーサリアムのウォレット。

それぞれ、ウォレットが違ったりしますが、ウォレットもどんどん使いやすくユーザーフレンドリーになってきています。

今だったら、だいたいスマホで簡単にウォレットを管理することができます。

新しくなったマイイーサウォレット解説01_ウォレットとは

メタマスク/Metamaskモバイル版β版アプリ登場・簡単な使い方&入手方法

仮想通貨は決して難しくはありません。スマホさえあれば管理できますし、取引所も操作できます。

ただ、なんとなく存在が掴みにくいだけです。

しかし確実に、ビットコインは金融資産の地位、投資先としての地位を固めつつあるように思います。

クリプトブルーではこのページを中心に、随時更新していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください