情報共有コミュニティ

【初心者】メタマスクの使い方や始め方・登録やログイン方法

こんにちは、アオムーです。

仮想通貨を、特にイーサリアムなどを触るときに必要なウォレットがあります。

もうほぼ、マストアイテムと言っても過言ではないと思います。

メタマスクです。

そもそもメタマスクとはなんなのか?

や、はじめ方や利用シーンなど、

初心者の方が読むとなんとなく理解が深まる記事になっていると思います

メタマスクとは仮想通貨(イーサリアム用)ウォレット

https://twitter.com/MetaMask/status/1420813643151781890?s=20

小難しいことは抜きにして、

仮想通貨っていうデジタル上のお金ですね、頭の中ではどんな形でもOKです。

コインでもいいですけれども。

デジタル上のお金だろうが、なんだろうが、

やっぱりそこにもウォレットが必要ですよね。

で、ビットコインにはビットコインのウォレットがあって(BRD(マルチ)とか、BLUE WALLETとか)

イーサリアム(ETHって仮想通貨)にも、専用のウォレットがあります。

それがメタマスク。

もちろん、メタマスク以外にもイーサリアムウォレットはありますが、

多くのサービスがメタマスクに対応してたり、

メタマスクが最初だったかな?イーサリアム基盤のサービス(Defiみたいなやつ)に、クロームの拡張機能として接続する(WEB3.0接続)ことができる機能があったりします。

仮想通貨ウォレットが必要な理由

一つはシンプルに仮想通貨の現物を自分で管理するためには、

必要なアプリケーションです。(玄人はノード立てたりしますが、多くの人はデスクトップなりモバイルなどのウォレットアプリで済ませてる)

あともう一つは、

繰り返しになりますが、

イーサリアムを基盤としてアプリケーションに接続するのに、メタマスクのような、接続機能を持っている仮想通貨ウォレットアプリが必要になってきます。

最近はイーサリアム以外にも接続できるメタマスク

先に書いておきますが、

最近はイーサリアム以外のネットワークにも接続することができるようになっています。

理由としては、他のブロックチェーンがイーサリアムと敵対するのではなく、イーサリアムと協調してイーサリアムの旨味を取り込んだほうが有利という方向に流れているからです。

というか、イーサリアムと相互接続できるようなチェーンじゃないと、今なかなか生き残れなさそうです。

メタマスクはDeFiやブロックチェーンゲーム、NFTに参加するのに必要

はい、最近普通のメディアでも取り上げられるようになったNFTや、

仮想通貨で儲けるといったら、仮想通貨FXトレードかDeFi(分散ネットワーク上の金融サービス)かというくらいの儲け柱になってますDeFi。

それと、遊びながら仮想通貨を稼ぐことができるかもしれない、

ブロックチェーンゲームに参加するのにも、多くのサービスではメタマスクなどの仮想通貨ウォレットが必要になっています。

メタマスクじゃなきゃいけない理由はない

メタマスクじゃなくてもいいのです。

でも、メタマスクが一番チュートリアルが出回っていたり、多くのサービスが採用していたり、あとはマルチチェーン対応だったり(最近イーサリアム以外にも接続できるように)。

やっぱりなんだかんだ、使いやすいです。

メタマスクはデスクトップ版(ブラウザ拡張)とスマホアプリ版がある

こちら、パソコンでもスマホでもほとんど操作性が変わらないのも魅力の一つだと思います。

どっちがいいとか悪いとかないですけど、

んー、今でも多分デスクトップ版、パソコンのブラウザ(クロームとか)の拡張機能として使う方が安定していると思います。

例えば、同じ秘密鍵のウォレットをデスクトップとスマホ両方に入れて管理するのも良いかもしれません。

秘密鍵とかってなんですの??

こちら2つの記事がおすすめです。

最近自分の中で説明するときに、簡単だなって思ってるのが、

Switch(ゲーム機)みたいな感じだと。

ゲームデータ(自分のセーブデータや大事な情報)がSDカードに入ってますよね?そのSDカードは自分で管理するわけですが、それが秘密鍵みたいなものです。他人は同じ情報持ってません。

そして、Switch本体が仮想通貨ウォレット。

SDカードさしてSwitchを利用してオンラインの世界(ブロックチェーン・たとえばイーサリアム)に接続すると。

そんなイメージです。

デスクトップ版・モバイル版メタマスクの始め方(動画も)

こちらデスクトップ版メタマスクのインストール方法。

スマホアプリ導入方法もある。

こっちはブログ記事。

こんな感じです。

スマホに関しては、普段のスマホアプリと変わらないので、

導入すごい簡単です。

【注意】秘密鍵、もしくはリカバリーフレーズのバックアップを忘れずに

一番最初にイメージを変えなければいけません。

仮想通貨は、自分以外にあなたの資産にアクセスする権限を持っている人は基本いません(取引所は違う)。

パスワードとメールアドレスさえ覚えていれば自分の資産にアクセスできるわけでもありません。

メールアドレスとパスワードや誕生日や身分証明ができれば、パスワードを紛失してもアクセス権をリカバリーできる。わけでもありません。

あなたが秘密鍵を紛失したら、もう二度とあなたの資産には誰もアクセスできません。

なので、スマホだろうがデスクトップだろうが、

必ず最初にリカバリーフレーズ(12個や24個の英単語やひらがら)をメモしたり、バックアップを取りましょう。

メタマスクをインストールしたらまずETHを送金したり受け取ってみよう

はい、お財布なので

まず、メタマスクにETHを入れないと動きません。

手数料です。ガス。ガス代。

そのガス代、イーサリアムを動かすにはETHが必要です。

なので、

まず自分のウォレット(例えばメタマスク)を保有したら、

そこにネイティブのトークン(ETHとか)を入れましよう。

そして動かしましょう。

話はそれからだ!

そんなこんな経て、イーサリアムのチェーン以外も

動かすことが可能になります。

そして、メタマスクを使いこなしてくれば

UNISWAP(ユニスワップ)なども、接続して、トークンの交換(スワップ)も可能になってきます。

ということで、

やってみましょう!

楽しいです。イーサリアムの世界は。

メタマスクを使いこなせれば。

ブロックチェーンの世界が広がります。

いろんな可能性を見つけるには、もうウォレットを使ってネットワークに接続して、ネットワークに飛び込むしかありません。

ワクワクな、とんでもないお宝にも出会えるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください